×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
豊田自動織機

自動車機器・フォークリフトメーカー、トヨタ本家、繊維機械・フォークリフト・自動車組立・コンプレッサが柱


 
年月
沿革
大正15年11月 豊田佐吉発明の「自動織機」を製造するため、愛知県刈谷市に株式会社豊田自動織機製作所〈現株式会社豊田自動織機〉を設立
昭和4年4月 紡機の製造開始
昭和8年9月 自動車製造のため、自動車部を設置
昭和10年5月 乗用車A1型を完成
昭和12年8月 自動車部を分離独立し、トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車株式会社)を設立
昭和15年3月 製鋼部を分離独立し、豊田製鋼株式会社(現愛知製鋼株式会社)を設立
昭和19年10月 大府工場操業開始
昭和24年5月 東京、名古屋および大阪の各証券取引所に株式上場
昭和27年12月 自動車用エンジンの製造開始
昭和28年8月 共和工場操業開始
昭和31年3月 フォークリフト(産業車両)の製造開始
昭和35年1月 カーエアコン用コンプレッサーの製造開始
昭和42年5月 長草工場操業開始
昭和45年9月 高浜工場操業開始
昭和55年5月 エアジェット織機の製造開始
昭和57年1月 碧南工場操業開始
昭和63年10月 米国で産業車両製造のため、トヨタ自動車株式会社との合弁によりトヨタ インダストリアルイクイップメント マニュファクチャリング株式会社を設立
平成元年1月 米国でカーエアコン用コンプレッサー製造のため、日本電装株式会社(現株式会社デンソー)との合弁によりミシガン オートモーティブ コンプレッサー株式会社を設立
平成6年8月 中国で素形材製造のため、六和機械工業股有限公司(台湾)および豊田通商株式会社との合弁により豊田工業昆山有限公司を設立
平成7年3月 フランスで産業車両製造のため、マニトウB.T.株式会社(フランス)およびトヨタ自動車株式会社との合弁によりトヨタ インダストリアル イクイップメント株式会社を設立
平成7年12月 インドで繊維機械製造のため、キルロスカグループ(インド)との合弁によりキルロスカ トヨダテキスタイル マシナリー株式会社を設立
平成9年10月 液晶表示装置製造のため、ソニー株式会社との合弁によりエスティ・エルシーディ株式会社を設立
平成10年9月 ドイツでカーエアコン用コンプレッサー製造のため、株式会社デンソーとの合弁によりテーデードイチェ クリマコンプレッサー有限会社を設立
平成10年10月 ICチップ用のプラスチックパッケージ基板製造のため、イビデン株式会社との合弁により株式会社ティーアイビーシーを設立
平成12年6月 スウェーデンのウェアハウス用機器メーカーであるBTインダストリーズ株式会社を買収
平成13年4月 トヨタ自動車株式会社からL&F(ロジスティクス&フォークリフト)販売部門を譲受
平成13年8月 「株式会社豊田自動織機製作所(英訳名 TOYODA AUTOMATIC LOOM WORKS, LTD.)」から「株式会社豊田自動織機(英訳名 TOYOTA INDUSTRIES CORPORATION)」に社名変更
平成13年10月 東知多工場操業開始
平成14年7月 東浦工場操業開始
平成14年10月 ポーランドでディーゼルエンジン製造のため、トヨタ自動車株式会社との合弁により、トヨタ モーター インダストリーズ ポーランド有限会社を設立


[トップページに戻る]