×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
東洋シヤッター

シャッターメーカー、業界3位、非量産の重量シャッターに強い、金融支援受け再建へ


 
当社(設立昭和21年12月9日)は、昭和48年10月1日、大阪市東区両替町1丁目12番地(平成元年2月13日住居表示の変更、大阪市中央区常盤町1丁目3番8号)所在の東洋シヤッター株式会社(旧東洋シヤッター株式会社)の株式額面の変更を目的として、同社を吸収合併したが、合併以前の期間については、事業活動を行なっていなかったので、合併期日以前については、事実上の存続会社である(旧)東洋シヤッター株式会社について記載している。
 
年月
沿革
昭和30年9月 大阪市西淀川区においてシャッターの販売を目的として資本金500,000円をもって設立
昭和31年1月 東京支店を開設
昭和35年5月 名古屋支店を開設
昭和39年4月 忠岡工場新築完成
昭和41年7月 大阪支店を開設
昭和41年11月 大阪府経営合理化協会の合理化優良企業に指定される
昭和42年7月 土浦工場新築完成
昭和42年9月 大阪中小企業投資育成株式会社より投資を受け資本金75,000,000円
昭和43年1月 大阪市東区谷町に本社(本店)を移転
昭和43年9月 大阪中小企業投資育成株式会社より再投資を受け資本金100,000,000円
昭和46年10月 京都支店を開設
昭和47年10月 大阪市東区両替町に本社(本店)を移転
昭和48年10月 東京本社を開設
昭和48年10月 株式の額面を50円に変更する為合併
昭和50年7月 当社独自製品リフレオート(無人制御システムシャッター)を開発、発売
昭和50年10月 大阪証券取引所市場第二部に株式上場
昭和50年12月 奈良工場新築完成
昭和52年4月 横浜支店を開設
昭和54年4月 東北支店、西部支店を開設
昭和58年12月 シャッタービジョンを開発、発売
昭和62年10月 株式会社日本シャッター製作所(本社所在地大阪市)を吸収合併(合併比率2:1)
(合併により九州支店、鹿児島支店及び枚方工場、九州工場および株式会社南日本シャッター製作所(現、南東洋シヤッター株式会社・現連結子会社)を引継ぐ)
平成元年2月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
平成元年9月 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に指定替え
平成3年10月 株式会社オーシマ(本社所在地大阪市)を吸収合併(合併比率1:0.333)
平成4年4月 岩住サッシ株式会社(本社所在地大阪市)を吸収合併(合併比率1:0.775)
平成5年3月 つくば工場(茨城県稲敷郡)新築完成
平成5年9月 ビルファイン(ビル改修システム)を開発、発売
東洋シヤッター北海道株式会社へ49%出資し、関係会社とする。(現連結子会社)
平成5年11月 大阪市中央区南新町に本社(本店)を新築移転
平成6年6月 東洋テクノサービス株式会社(現、株式会社シーク研究所)を買収
平成8年2月 ビルファイン マーク2(耐震補強工法)を開発、発売
平成8年4月 東洋テクノサービス株式会社を株式会社シーク研究所(現連結子会社)に社名変更
平成12年1月 東京本社を東京都港区六本木より中央区日本橋馬喰町へ移転
平成14年12月 連結子会社である株式会社シーク研究所、東洋シヤッター北海道株式会社の2社を解散
   


[トップページに戻る]