×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
東洋合成工業

感光性材料大手、主力は半導体フォトレジスト用感光性材料。


 
年月
沿革
昭和29年9月 麻酔薬などの医薬品用化学製品(トリクロールエチレン、塩素酸バリウム)の製造ならびに精製を目的として日本アセチレン化学工業を設立(資本金1,000千円)、本社及び工場を東京都江戸川区江戸川3丁目13番地に設置
昭和36年5月 商号を東洋合成工業に変更
昭和38年1月 千葉県市川市に新工場竣工、工場移転、酢酸エステル製造開始
昭和40年12月 ケミカルトランスポート巨ン立(出資金5,000千円、当社出資比率60%、昭和42年7月に株式会社に改組)化成品輸送部門を分離
昭和46年2月 東京都中央区に東京営業所開設
昭和46年8月 千葉県市川市に本社を移転
昭和46年10月 千葉県市川市にタンクヤードを建設(400klタンク6基、650klタンク5基を設置)
高浜油槽所を開設、化成品タンク保管業務開始
昭和47年5月 高浜油槽所保税倉庫認可を大蔵省より取得
昭和49年6月 千葉県市川市に高浜油槽所内の荷役作業の請負いを目的とする当社全額出資のオリエントサービス鰍設立(資本金40,000千円)
昭和50年10月 産業廃棄物中間処理業者の認可を千葉県より取得
昭和56年7月 本社工場内に感光性材料製造施設完成、感光性材料の製造開始
昭和57年9月 千葉県船橋市に感光材研究所を開設
昭和58年3月 高浜油槽所第6期工事完了(化成品貯蔵能力合計47,500kl)
昭和63年9月 千葉県香取郡東庄町に感光性材料製造を目的とする当社全額出資の千葉東洋合成鰍設立(資本金200,000千円)
平成元年11月 千葉東洋合成鰍フ感光性材料製造工場(現 千葉工場)完成
平成5年4月 オリエントサービス鰍合併
平成5年5月 市川工場感光性材料製造部門「ISO9002」取得
平成7年10月 市川工場化成品製造部門「ISO9002」取得
平成7年12月 ケミカルトランスポート鰍フ株主より同社株式84,980株を譲受け、当社出資比率86.94%となる
平成8年4月 千葉東洋合成葛yび東正産業鰍合併
千葉工場、高浜油槽所「ISO9002」取得
平成8年11月 千葉県印旛郡印旛村に新研究所完成、感光材研究所移転
平成12年11月 市川工場にNAC製造設備増設
平成13年2月 千葉工場に第3感光材工場完成
平成14年7月 市川工場「ISO14001」取得
平成14年11月 市川工場に食品添加物製造設備完成
   


[トップページに戻る]