×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
東京三菱銀行

都市銀行大手、三菱信託銀行、日本信託銀行と共同で持ち株会社「三菱東京フィナンシャル・グループ」を設立し完全子会社に


 
年月
沿革
大正8年8月 株式会社三菱銀行設立
三菱合資会社銀行部の業務を継承、株式会社三菱銀行の名称にて資本金5千万円(うち払込3千万円)をもって設立され、同年10月1日より営業開始
昭和4年5月 株式会社三菱銀行、株式会社森村銀行を買収
昭和15年10月 株式会社三菱銀行、株式会社金原銀行を買収
昭和17年4月 株式会社三菱銀行、株式会社東京中野銀行を買収
昭和18年4月 株式会社三菱銀行、株式会社第百銀行を合併
昭和21年12月 株式会社東京銀行設立
株式会社東京銀行の商号の下に資本金5千万円をもって設立
昭和22年1月 株式会社東京銀行、横浜正金銀行より国内14店舗を引継ぎ、新設8店舗を加え22店舗をもって営業開始
昭和23年10月 株式会社三菱銀行、商号を株式会社千代田銀行に変更
昭和24年5月 株式会社千代田銀行、東京・大阪両証券取引所に株式を上場(その後、昭和24年8月に京都、昭和25年4月に札幌両証券取引所に株式を上場)
株式会社東京銀行、東京・大阪両証券取引所に株式を上場(その後、昭和24年7月に京都、昭和25年4月に札幌両証券取引所に株式を上場)
昭和24年11月 株式会社東京銀行、外国為替銀行の認可取得
昭和28年7月 株式会社千代田銀行、株式会社三菱銀行の旧商号に復帰
昭和29年8月 株式会社東京銀行、外国為替銀行法施行に伴い同法に基づく外国為替専門銀行として新発足
昭和55年7月 株式会社三菱銀行、新本店完成
昭和58年4月 株式会社三菱銀行、公共債の窓口販売開始
株式会社東京銀行、国債の窓口販売開始
昭和63年10月 株式会社三菱銀行、ロンドン証券取引所に株式を上場
平成元年2月 株式会社三菱銀行、チューリッヒ、ジュネーブ、バーゼル、パリの各証券取引所に株式を上場
平成元年9月 株式会社三菱銀行、ニューヨーク証券取引所に株式を上場
平成5年4月 株式会社三菱銀行、霞ヶ関信用組合を合併
平成5年10月 株式会社東京銀行、業態別子会社東京信託銀行株式会社開業
平成6年10月 株式会社三菱銀行、三菱ダイヤモンド証券株式会社を設立(その後、平成8年4月に商号を東京三菱証券株式会社に変更)
平成6年11月 株式会社三菱銀行、日本信託銀行株式会社を子会社化
平成8年4月 株式会社三菱銀行と株式会社東京銀行が合併、株式会社東京三菱銀行となる
バンク・オブ・カリフォルニアとユニオン・バンクを統合、ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア及びその持株会社ユニオンバンカル・コーポレーションとして新発足
平成10年12月 証券投資信託の窓口販売開始
平成12年12月 パリ、スイス各証券取引所の株式の上場を廃止
平成13年3月 東京、大阪、札幌、ニューヨーク、ロンドン、各証券取引所の株式の上場を廃止
平成13年4月 当行及び日本信託銀行株式会社が、三菱信託銀行株式会社と共同して、株式移転により完全親会社である株式会社三菱東京フィナンシャル・グループを設立
保険商品の窓口販売開始
平成13年10月 日本信託銀行株式会社及び東京信託銀行株式会社が、三菱信託銀行株式会社と合併
  (平成14年3月末現在、国内本支店270、国内出張所24、代理店2、海外支店44、海外出張所14、海外駐在員事務所17)


[トップページに戻る]