×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
同和鉱業

非鉄金属・機械メーカー、銅精錬大手、磁性鉄粉はトップ級


 
年月
沿革
明治2年 藤田伝三郎、大阪において事業を興す
明治17年9月 政府から小坂鉱山の払い下げを受ける(創業)
明治26年12月 藤田組、組合組織から合名会社藤田組に改組
明治31年1月 小坂黒鉱乾式製錬操業開始
明治32年5月 児島湾干拓事業着手
明治35年7月 小坂銅電錬操業開始
明治45年5月 小坂亜鉛電錬操業開始
大正4年4月 花岡鉱山買収
大正5年9月 柵原鉱山買収
大正8年3月 豊崎圧延工場(同和メタル株式会社)設置、操業開始
昭和12年3月 合名会社藤田組と藤田鉱業株式会社の合併により株式会社藤田組設立
昭和20年12月 商号を同和鉱業株式会社に変更
昭和28年8月 岡山製錬所建設、操業開始
昭和32年8月 藤田興業株式会社を合併
昭和34年6月 小坂内の岱鉱床発見
昭和38年6月 花岡松峰鉱床発見
昭和42年9月 小坂自熔炉製錬設備完成、操業開始
昭和43年4月 岡山高品位酸化鉄製造開始
昭和44年10月 岡山大型硫酸工場完成、操業開始
昭和46年2月 秋田製錬株式会社設立
昭和47年6月 同和工営株式会社設立
11月 秋田工場設置、操業開始
昭和48年3月 小坂ガリウム製造開始
4月 中央研究所設置
昭和51年3月 小坂インジウム製造開始
昭和55年10月 小坂鉛製錬設備完成、操業開始
昭和57年8月 半導体材料研究所設置
昭和58年9月 岡山8ミリビデオテープ用メタル粉製造設備完成、操業開始
昭和60年12月 小坂自熔炉酸素富化設備完成、操業開始
昭和61年11月 花岡、小坂の両鉱山部門を分離し、それぞれ花岡鉱業株式会社および内の岱鉱業株式会社を設立
平成元年9月 小坂の製錬部門を分離し、小坂製錬株式会社を設立
平成2年1月 同和興産株式会社を合併
平成3年4月 東京熱処理工業株式会社を合併
平成5年7月 岡山クリーンワークス設置
塩尻工場設置
サーモテクノロジーセンター設置
平成6年6月 九州支店設置
平成7年6月 金属材料研究所、ケミカル品材料研究所および磁性材料研究所設置
平成8年4月 製錬技術センター設置
平成9年8月 DowaTHTAmerica,Inc.設立
平成10年5月 岡山クリーンワークス新型産業廃棄物焼却設備完成、操業開始
平成11年7月 株式会社エコリサイクル設立
小坂新大楽前水力発電所完成、操業開始
平成12年6月 日本パール株式会社を買収
平成13年4月 株式会社イー・アンド・イーソリューションズを買収
10月 株式会社リサイクル・システムズ・ジャパンを増資のうえ子会社化
平成14年1月 上海事務所設置
3月 秋田ジンクソリューションズ株式会社設立
 6月 小坂最終処分場建設開始
9月 株式会社リサイクル・システムズ・ジャパン西日本工場設置
11月 同和金属材料(上海)有限公司設立
平成15年2月 ジンクエクセル株式会社、株式会社アシッズ設立
   


[トップページに戻る]