×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
中電工

電力系電気工事会社、中国電力系、近畿・関東などへも進出


 
年月
沿革
昭和19年9月 軍需省の要請により、中国5県下の有力電気工事12社が統合し、資本金150万円の電気工事会社として広島市小町33番地に中国電気工事株式会社を設立、
また広島・岡山・山口・松江・大阪の5市に、支社(現支店)を設置、営業開始
昭和21年12月 本社を広島市立町53番地に移転
昭和24年6月 広島証券取引所市場に上場(資本金1千万円)
昭和25年1月 東京事務所(現支店)開設
昭和26年4月 建設部(現電力建設所)を開設し、送電線・発変電所工事部門を充実
昭和31年11月 ビニール外装ケーブル工法を導入開発
昭和32年9月 資材納入代理店として中国電材株式会社(昭和42年5月、株式会社興電社と改称)を当社の全額出資により設立(現・連結子会社)
昭和38年5月 事業目的の変更(管工事業、貨物運送業の新設)
昭和41年6月 アルミ屋内配線工法の開発、実用化
昭和42年4月 資材納入代理店として三親電材株式会社(昭和25年5月設立)の株式50.03%を取得し、子会社とした。(現・連結子会社)
昭和43年10月 大阪証券取引所市場第二部に上場(資本金6億6千万円)
昭和45年11月 東京証券取引所市場第二部に上場(資本金7億8千万円)
昭和46年2月 本店を広島市上天満町1番15号に移転
昭和46年11月 事業目的の変更(電気通信工事業、水道施設工事業、消防施設工事業、土木・建築工事業の新設)
昭和47年2月 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に指定(資本金12億円)
昭和50年5月 事業目的の変更(公害防止装置等、防災、鋼構造物工事業の新設)
昭和57年6月 事業目的の変更(不動産業の新設)
平成2年10月 商号を株式会社中電工に変更
平成8年3月 本店を広島市中区小網町6番12号(現在地)に移転
   


[トップページに戻る]