×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
帝国ピストンリング

エンジン部品メーカー、芙蓉系、ライナー世界1位、リング5位、主力製品はピストンリング。


 
年月
沿革
明治41年 帝国ピストンリングの前身は、1908年(明治41年)に田中源太郎が興した株式会社田中源太郎商店である。
昭和14年12月 田中ピストンリング株式会社として大阪において設立。主として航空機用、船舶用ピストンリングを製造。
昭和15年12月 長野県岡谷市に工場を新設。(現 長野工場)
昭和18年 社名を帝国ピストンリング株式会社に変更。
昭和20年6月 戦災のため大阪工場を廃止。
昭和20年10月 民需に転換し、各種ピストンリング、シリンダスリーブ、シリンダライナ、グリッド、抵抗器、一般鋳物等を製造。
昭和35年1月 大阪工場を新設。船舶用中大型ライナの鍍金加工を開始。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部上場。
昭和42年4月 テーピ販売叶ン立。
昭和45年6月 山形県寒河江市にテーピ工業叶ン立。シリンダライナを製造。
昭和51年12月 岐阜県可児工業団地に岐阜工場建設。
昭和56年12月 遠赤外線ヒータ「ウルトラ・サーモ」の開発に成功。
昭和57年6月 Tpエアー式自動温度調節弁の開発に成功。
昭和57年12月 岡谷市にテーピ興産叶ン立。
平成元年10月 資本金を29億5千万円に増資。
平成2年4月 テーピ コーポレーション オブ アメリカ叶ン立。
平成3年4月 テイコク ヨーロッパ巨ン立。
平成6年3月 資本金を33億8千万円に増資。
平成8年6月 T&N社、安慶活塞環廠との合弁で中国でのピストンリング製造、販売の安慶帝伯格茨活塞環有限公司を設立。
平成9年5月 T&N社、GIL社との合弁でインドでのピストンリング製造、販売のゲッツェ テーピ(インディア)鰍設立。
平成11年8月 フェデラル・モーグル社との合弁で米国でのシリンダライナ製造、販売のフェデラル・モーグル・テーピ ライナーズ鰍設立。
平成11年10月 東京証券取引所市場第一部上場。
平成12年1月 安慶活塞環廠、安慶帝伯格茨活塞環有限公司との合弁で中国での焼結バルブシート製造・販売の安慶帝伯粉末冶金有限公司を設立。
平成12年5月 フェデラル・モーグル社との合弁で英国でのピストンリング製造のフェデラル・モーグル・テーピ サンダーランド鰍設立。
平成12年11月 日本ピストンリング鰍ニシリンダライナの素材の相互供給及びインドネシアにおけるピストンリング共同出資会社鰍mTピストンリング インドネシア設立に合意。
平成13年10月 フェデラル・モーグル社との合弁で米国でのピストンリング製造、販売のユナイテッド・ピストンリング鰍設立。
平成14年2月 アルミ製品 製造、販売のテーピ アルテック鰍設立。
平成14年3月 フェデラル・モーグル社との合弁でドイツでのピストンリング製造、販売のフェデラル・モーグル・テーピ ヨーロッパ鰍設立に合意。
それに伴いフェデラル・モーグル・テーピ サンダーランド鰍ノ関する合併事業を解消。
平成14年5月 アート金属工業梶A安慶環新集団有限公司との合弁で中国でのピストン製造、販売の安慶アートテーピピストン有限公司を設立。
平成14年7月 南京航海航標装備総廠との合弁で中国での自動温度調節弁製造、販売の南京テーピ熱学有限公司を設立。
 平成14年10月 柳成企業鰍ニの合弁で韓国でのシリンダライナ製造、販売のY&T POWER TECH.,INCを設立。
   


[トップページに戻る]