×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
タキロン

樹脂加工メーカー大手、伊藤忠系、塩ビ波板首位、住宅・建材や農業・土木資材などの合成樹脂製品が主力。


 
年月
沿革
大正8年10月 大阪市東成区に滝川セルロイド工業所を創立し、セルロイド生地の製造を開始。
昭和10年9月 兵庫県揖保郡御津町に網干工場を新設し、製造を開始。
昭和10年12月 滝川セルロイド株式会社を設立。
昭和19年2月 社名を滝川工業株式会社とする。
昭和26年7月 社名を滝川セルロイド株式会社にもどす。
昭和34年8月 社名をタキロン化学株式会社とし、現社章を制定。
昭和36年10月 大阪証券取引所株式市場第二部に上場。
昭和38年11月 東京タキロン株式会社を茨城県新治郡千代田村に設立し、ナミイタの製造を開始。
昭和40年2月 滋賀県八日市市に八日市工場を新設し、カラー鉄線の製造を開始。
昭和40年11月 太洋化成株式会社を吸収合併し、同社の製造設備を網干工場および八日市工場に移す。
昭和44年7月 タキロン・ローランド株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和45年5月 東京タキロン株式会社を吸収合併し、東京工場とする。
昭和46年11月 エンジニアリング事業を開始。
昭和47年10月 大阪証券取引所株式市場第一部に指定替え。
昭和47年11月 英国現地法人TAKIRON(U.K.)LTD.を設立。
昭和48年2月 本社を大阪市東区安土町2丁目30番地[大阪市中央区安土町2丁目3番13号(現在)]に移転。
昭和48年5月 東京証券取引所株式市場第一部に上場。
昭和48年6月 兵庫県宍粟郡安富町に安富工場を、茨城県新治郡出島村に東京第二工場をそれぞれ新設。
昭和48年11月 社名をタキロン株式会社とする。
昭和50年11月 北海道千歳市に千歳工場を新設し、トリカルパイプの製造を開始。
昭和52年5月 長尺床材タキストロン(メカニカルタイプ)の製造設備を安富工場に新設し、製造を開始。
昭和59年5月 メディカル開発事業を開始。
昭和60年2月 電材開発事業を開始。
昭和62年2月 三和プラスチック株式会社(現・連結子会社)の株式を取得し、子会社にする。(昭和30年5月設立)
昭和63年7月 東京本社を新設。(大阪・東京両本社制)
昭和63年7月 タキロンエンジニアリング株式会社(現・連結子会社)を設立。
平成元年2月 姫路タキロン加工株式会社を設立。
平成3年2月 千歳工場内に北海産資株式会社(現・連結子会社)を設立し、コルゲート管の製造を開始。
平成8年3月 中国現地法人上海龍徳塑料有限公司を設立。
平成12年3月 茨城タキロン販売株式会社、兵庫タキロン販売株式会社及び滋賀タキロン販売株式会社の3社を清算。
平成12年4月 ポリカーボネイト製採光建材製品製造の拡大集約のため、兵庫県揖保郡揖保川町に揖保川事業所を新設し、操業を開始。
平成12年4月 タキロンフロアーシステム株式会社、大阪タキストロン株式会社及び九州タキストロン販売株式会社の3社は合併し、商号をタキロンマテックス株式会社に変更。
平成13年3月 英国現地法人TAKIRON(U.K.)LTD.及び姫路タキロン加工株式会社を清算。
平成14年3月 ダイライト株式会社(現・連結子会社)の株式を追加取得し、子会社にする。


[トップページに戻る]