×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
宝ホールディングス(旧寳酒造)

宝酒造グループの持ち株会社、宝酒造とタカラバイオに事業分割、焼酎・みりん最大手、チューハイ・清酒大手


 
当社は大正14年9月に、江戸後期(天保年間)以降京都伏見の地で酒造業を営む四方合名会社を発展的に改組して、設立されたものであります。
 
年月
沿革
大正14年9月 現京都市伏見区竹中町609番地に、酒類、酒精、清涼飲料水、医薬用品、調味料等の製造及び販売を主たる目的として、寳酒造株式会社を設立(資本金55万円)。
四方合名会社を吸収合併、伏見、木崎(昭和13年3月東亜酒精興業株式会社へ譲渡)の二工場とする。
昭和昭和4年6月 大正製酒株式会社を吸収合併、王子工場とする。
昭和22年6月 大黒葡萄酒株式会社より白河工場を買収。
昭和22年9月 旭酒造株式会社を吸収合併、長崎工場(長崎蔵置場をへて平成7年3月廃止)とする。
日本酒精株式会社を吸収合併、木崎、楠、防府(平成7年3月廃止)の三工場とする。
昭和24年5月 東京、大阪、名古屋各証券取引所開設に伴い株式上場。
昭和24年7月 京都証券取引所開設(平成13年3月大阪証券取引所に吸収合併)に伴い株式上場(その後札幌、新潟(平成12年3月東京証券取引所に吸収合併)、広島(平成12年3月東京証券取引所に吸収合併)、福岡の各証券取引所にも順次上場)。
昭和27年10月 政府より専売アルコール工場の払下げを受け、高鍋、島原の二工場とする。
昭和27年11月 中央酒類株式会社を吸収合併、市川、灘第一(神戸配送センターをへて平成7年11月廃止)、鹿児島(昭和40年6月廃止)の三工場とする。
昭和29年12月 摂津酒造株式会社より灘第二工場(現灘工場)を買収。
昭和32年3月 子会社大平印刷株式会社を設立。
昭和32年4月 木崎麦酒工場建設(昭和43年4月サッポロビール株式会社に譲渡)。
昭和34年10月 札幌工場建設。
昭和36年10月 桃山貨物自動車株式会社の株式を取得、子会社とする。同時に同社をタカラ貨物株式会社と改称(平成12年4月宝岡物流株式会社を吸収合併のうえ、タカラ物流システム株式会社に改称)。
昭和37年3月 京都麦酒工場建設(昭和42年7月麒麟麦酒株式会社に譲渡)。
昭和39年5月 市川・王子の両工場を統合し、松戸工場建設。
昭和39年10月 摂津酒造株式会社、本辰酒造株式会社を吸収合併、大阪(昭和48年3月廃止)、長野(現長野蔵置場)の二工場とする。
昭和40年3月 東京(現関東支社)、仙台(現東北支社)、名古屋(現東海支社)、京都(現京滋北陸支社)、大阪(現関西支社)、福岡(現九州支社)の各事務所、出張所等を支店に改称。
昭和42年4月 札幌出張所(現北海道支社)を支店に改称。
昭和45年9月 中央研究所設置。
昭和47年2月 楠工場に発酵工業部門設置。
昭和56年4月 関信越支社(現関信越支社)設置。
昭和57年7月 米国カリフォルニア州所在のNUMANO SAKE CO.(昭和58年4月TAKARA SAKE USA INC.と改称)の株式取得、米国本土での清酒製造を開始。
昭和61年2月 英国スコットランドにTHE TOMATIN DISTILLERY CO.,LTD.を設立、ウイスキーメーカーTOMATIN DISTILLERS PLC.の資産を買収し、スコッチウイスキーの製造開始。
英国BASS PUBLIC LIMITED COMPANYと提携、「TaKaRa バービカン」発売。食品分野へ本格参入。
昭和61年4月 松山工場建設(平成8年3月廃止)。
昭和63年4月 横浜支店(現南関東支社)設置。
平成元年4月 中国四国支店(現中国四国支社)設置。
平成3年4月 米国バーボンウイスキーメーカーAGE INTERNATIONAL,INC.の100%持株会社であるAADC HOLDING COMPANY,INC.の株式を取得、関連会社とする(平成4年9月残株式を取得し両社を子会社に、平成6年6月株式をUSA TAKARA HOLDING COMPANYに移転、同社の子会社に)。
平成3年5月 子会社宝岡物流株式会社を設立(平成12年4月タカラ貨物株式会社に吸収合併)。
平成3年10月 在米子会社3社(TAKARA SAKE USA INC.、HONOLULU SAKE BREWERY CO.,LTD.(平成10年12月清算)及びTAKARA BIOCHEMICAL INC.(平成14年3月清算))を管理統合する持株会社USA TAKARA HOLDING COMPANYを設立。
平成5年8月 中国大連市にバイオ製品の製造を目的とする子会社宝生物工程(大連)有限公司を設立。
平成7年4月 支社制導入に伴い支店を支社に改称。
平成7年8月 中国北京市に酒類等の製造及び販売を目的とする北京寛宝食品有限公司(平成10年7月に北京宝酒造醸造有限公司と改称)を設立、関連会社とする(その後出資持分を追加取得し子会社に)。
平成8年3月 マーケティングに関する調査・企画業務等を営む株式会社マーケティングビジネス(平成8年4月株式会社タカラ・マーケティングビジネスと改称)の株式20%を取得し関連会社(現支配力基準により子会社)とする。
平成12年3月 遺伝子治療の商業化を目指し韓国のViroMed Limitedの株式を取得、子会社とする。
平成12年7月 ゲノム配列解析を行う子会社ドラゴン・ジェノミクス株式会社を設立。
平成13年3月 フランスワインを主として扱う輸入商社、株式会社ラック・コーポレーションの株式を取得、子会社とする。
平成14年4月1日 社名を「宝ホールディングス株式会社」に変更し、「酒類・食品・酒精事業」を行う新会社宝酒造株式会社と、「バイオ事業」を行う新会社タカラバイオ株式会社の2つの事業会社に分社化し、その各事業会社の全株式を保有する純粋持株会社へ移行。
   


[トップページに戻る]