×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
太陽生命保険

生命保険会社中堅、大同生命、太陽生命、T&Dフィナンシャル生命(旧東京生命)は持株会社で統合予定。株式会社に転換し株式を上場


 
太陽生命は1893年(明治26年)に「名古屋生命保険株式会社」として創業された歴史のある会社です。明治41年に社名を「太陽生命保険株式会社」と改め、1948年(昭和23年)「太陽生命保険相互会社」として再発足しました。2003年4月1日に「太陽生命保険株式会社」へ組織を変更し、同時に東京証券取引所市場第一部に上場しました。
 
年月
沿革
明治26年5月 名古屋生命保険株式会社」として創立(名古屋市西区伝馬町)
初代社長 鈴木総兵衛
明治41年7月 本店を東京市京橋区に移し、社名を「太陽生命保険株式会社」と改める
昭和5年4月 本店を現在地(東京都中央区日本橋)に移す
昭和23年2月 太陽生命保険相互会社」として再発足
昭和43年5月 保有契約高1兆円突破
昭和47年3月 個人保険保有契約件数500万件突破
昭和53年9月 総資産1兆円突破
昭和60年7月 保有契約高10兆円突破
昭和61年5月 「アメリカ太陽生命投資顧問(株)」設立
8月 「太陽生命投資顧問(株)」設立
昭和63年1月 「太陽生命インターナショナル(英国)(株)」設立
3月 年間収入保険料1兆円突破
8月 全支社に即時処理システムを導入
平成3年7月 東京事務センター(さいたま市)竣工
10月 総資産5兆円突破
11月 保有契約高20兆円突破
平成7年1月 分散ミニコンピュータを全国に配備
  新保険料領収システムの導入
平成11年1月 大同生命保険(相)と全面的業務提携発表
7月 太陽情報産業(株)設立
  金融5業態と「フィナンシャル ワン」業務提携発表
  提携企業(平成14年6月現在)
  大同生命保険(相)、日本興亜損害保険(株)、(株)UFJ銀行、UFJ信託銀行(株)、UFJつばさ証券(株)
10月 大同生命保険(相)と当社の関連国内投資顧問会社の合併、コンファーム会社の業務統合により、T&D太陽大同投資顧問(株)とT&Dコンファーム(株)を発足
11月 “ハッピー・メロディーFシリーズ”(定期付養老保険)発売
平成12年4月 “とことん介護Fシリーズ”発売
9月 お客様サービスセンター本格稼働
平成13年4月 全営業職員に最新型携帯パソコンを導入
6月 東京生命保険(相)(現T&Dフィナンシャル生命保険(株))のスポンサー会社に、大同生命保険(相)と当社が選定される
  総合情報システム「NETユS 01(ネッツ・ゼロワン)」の導入を開始
8月 日本興亜損害保険(株)と損害保険分野での業務提携および日本興亜損害保険(株)と太陽火災海上保険(株)の合併を発表
10月 大同生命保険(相)のシステム部門と太陽情報産業(株)を統合し、T&D情報システム(株)設立
  「らくちんサービス」(電話・インターネットによるご契約者貸付等の取扱)の開始
  “太陽生命の特殊終身保険ロング・フォーFシリーズ”発売
  T&Dフィナンシャル生命保険(株)が事業を再開
平成14年1月 取締役会にて、平成15年4月1日に株式会社への組織変更を決議
3月 日本興亜損害保険(株)の損害保険商品を販売開始
4月 第5次中期経営計画を策定
  日本興亜損害保険(株)と太陽火災海上保険(株)が合併
  太陽ビルマネジメント(株)設立
  “けんこうレディー2Fシリーズ”
  “けんこうミスター2Fシリーズ”発売
7月 T&D太陽大同投資顧問(株)と大同生命(株)*の関連投信会社を合併し、T&Dアセットマネジメント(株)を設立
  定時総代会にて、4月1日付の相互会社から株式会社への組織変更を決議
平成15年4月 相互会社から太陽生命保険株式会社へ組織変更し、東京証券取引所市場第一部へ上場
  *平成14年4月、大同生命保険相互会社は「大同生命保険株式会社」に組織変更


[トップページに戻る]