×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
大成建設

総合建設会社(ゼネコン)大手、旧大倉財閥系


 
年月
沿革
明治6年10月  大倉喜八郎氏は、資本金15万円をもって大倉組商会を創立し、機械などの直輸入貿易をおこすとともに諸建造物の造営などに当ったのが、当社の起源である。
明治20年3月  大倉喜八郎氏は、渋沢栄一氏、藤田伝三郎氏と相はかり、資本金200万円をもって有限責任日本土木会社を設立して、上記大倉組商会の業務の内、土木関係に関するものを分離しこれを継承した。これが当社の前身であり、又わが国における会社組織によった土木建築業のはじめである。
明治25年11月  有限責任日本土木会社は解散し、その事業を大倉喜八郎氏単独経営の大倉土木組に継承した。
明治44年11月  大倉土木組は、株式会社大倉組に合併され株式会社大倉組土木部となった。
大正6年12月  株式会社大倉組より分離して資本金200万円の株式会社大倉土木組となり、ここに当社が名実ともに誕生した。
大正9年12月 日本土木株式会社と改称
大正13年6月 大倉土木株式会社と改称
昭和21年1月 大成建設株式会社と改称
昭和24年6月 持株会社整理委員会の管理していた全株式を当社役員・従業員が譲り受けた。
昭和28年4月 有楽土地株式会社を東京都中央区に設立
昭和31年9月 当社株式を東京店頭市場に公開
昭和32年9月 当社株式を東京証券取引所に上場
昭和33年9月 当社株式を新潟証券取引所に上場
昭和34年10月 当社株式を大阪及び名古屋両証券取引所に上場
昭和36年4月 当社株式を福岡及び札幌両証券取引所に上場
昭和36年6月 大成道路株式会社を東京都中央区に設立
昭和38年8月 大成プレハブ株式会社を東京都中央区に設立
昭和39年9月 大成道路株式会社が株式を東京証券取引所市場第2部に上場
昭和41年8月 村上建設株式会社を吸収合併(増加資本金103,500千円)
昭和44年5月 住宅事業並びに不動産取引に関する業務を事業目的に追加した。
昭和45年5月 大成道路株式会社が株式を東京証券取引所市場第1部に上場
昭和45年11月 大成プレハブ株式会社が本店を東京都品川区に移転
昭和46年12月 大成プレハブ株式会社が株式を東京証券取引所市場第2部に上場
昭和48年11月 有楽土地株式会社が株式を東京証券取引所市場第2部に上場
昭和51年4月 当社株式をフランクフルト証券取引所に上場
昭和54年11月 本社を東京都中央区より東京都新宿区に移転
昭和61年6月 事業目的の変更・追加を行った。
平成3年9月 大成プレハブ株式会社が株式を東京証券取引所市場第1部に上場
平成4年4月 大成道路株式会社が大成ロテック株式会社と改称
平成13年8月 大成プレハブ株式会社が大成ユーレック株式会社と改称


[トップページに戻る]