×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
大王製紙

紙・パルプメーカー大手、業界3位、家庭紙最大手、新聞用紙に強み。


 
当社は、昭和17年9月4日付商工省通牒による製紙工業企業整備要綱に基づき、四国紙業株式会社以下14企業が合同して、昭和18年5月5日、資本金2,175千円をもって和紙の製造販売を目的として設立された。
 
年月
沿革
昭和18年5月 大王製紙株式会社を設立
設立と同時に東京出張所(昭和49年12月東京支社に呼称変更)、大阪出張所(昭和26年7月大阪支店に呼称変更)を設置
昭和20年12月 生産設備を三島工場に集約
昭和31年4月 銅山川製紙株式会社から工場設備を買収して川之江工場とする
昭和31年8月 大阪証券取引所に株式を上場
昭和32年7月 東京証券取引所に株式を上場
昭和36年10月 大阪・東京両証券取引所市場第一部上場
昭和37年5月 会社更生手続開始の申立(同年6月更生手続開始決定)
昭和37年10月 名古屋出張所開設(昭和51年1月名古屋支店に呼称変更)
昭和38年12月 大阪・東京両証券取引所上場廃止
昭和39年1月 日本証券業協会大阪地区協会店頭登録扱銘柄指定
昭和39年4月 更生計画認可
昭和40年4月 会社更生手続終結
昭和40年7月 福岡出張所開設(昭和51年6月九州支店に呼称変更)
昭和48年10月 新1号ライナー抄紙機(昭和48年4月完成)、新2号ライナー抄紙機(昭和48年8月完成)、新3号新聞用紙抄紙機(昭和48年10月完成)を増設
昭和52年8月 新4号新聞用紙抄紙機を増設
昭和53年7月 東京紙パルプ交易株式会社(現 連結子会社)を設立
昭和54年1月 日本証券業協会大阪地区協会店頭登録銘柄指定
昭和57年11月 大阪証券取引所市場第二部に株式を再上場
昭和58年6月 名古屋パルプ株式会社(現 連結子会社)を丸紅株式会社より買収
昭和59年9月 大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
新5号新聞用紙抄紙機を増設
昭和61年6月 燃料転換設備として大型石炭燃焼設備完成
昭和63年2月 東京証券取引所市場第一部再上場
昭和63年7月 新7号新聞用紙抄紙機を増設
エリエールリゾーツINC(現 連結子会社)を設立
昭和64年1月 東京支社を東京本社に昇格、現本社を四国本社と呼称変更し、二本社制とする。
平成元年4月 新8号コート原紙抄紙機を増設
平成元年6月 フォレスタル・アンチレLTDA(現 連結子会社)を設立
平成2年3月 新6号新聞用紙抄紙機を増設
平成8年4月 いわき大王製紙株式会社(現 連結子会社)を設立


[トップページに戻る]