×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
大丸

百貨店大手、関西が地盤の名門百貨店、03年3月札幌に道内最大店を出店、子会社に食品スーパー・大丸ピーコック。


 
当社は享保2年(1717年)業祖下村彦右衛門正啓が、京都伏見に呉服店を開いたのが始まりで、享保11年に大阪店、文政2年に神戸店を開店した。大正9年(1920年)、その事業を継承して株式会社大丸呉服店(昭和3年株式会社大丸と変更)として創立し、その後百貨店業を主たる業務として事業を展開してきた。
 
年月
沿革
大正9年4月 株式会社大丸呉服店」を設立。
昭和2年4月 神戸店を現在地へ移転。
昭和3年12月 商号を「株式会社大丸」に変更。
昭和6年7月 「株式会社京都大丸」を吸収合併し、同店は京都店となる。
昭和8年5月 大阪店新館完成、現在のゴシック風建物となる。
昭和23年8月 総合商社部門を「大丸興業株式会社」として分離独立。
昭和24年5月 大阪証券取引所に株式を上場。(昭和36年10月第1部株式上場)
昭和26年11月 東京証券取引所に株式を上場。(昭和36年10月第1部株式上場)
昭和28年6月 福岡市・上呉服町に「博多大丸」を開店。
昭和29年10月 東京・八重洲口に東京店を開店。
昭和35年9月 大丸ピーコック第1号店を枚方市・香里に開店。
昭和50年11月 福岡市・天神に「博多大丸」を移転。
昭和52年4月 神戸・新長田に新長田店を開店。
昭和58年4月 大阪・梅田に梅田店を開店。
昭和58年4月 CISを導入、新企業マークを制定。
昭和61年4月 消費科学研究所を分離独立。
昭和63年3月 ホームショッピング部門とクレジット部門を分離独立。
昭和63年10月 情報処理部門を分離独立。
平成元年3月 首都圏の総合事務館「大丸コアビル」を新設。
平成9年3月 阪神・淡路大震災で被災した神戸店が全体復興。
平成10年10月 京都・山科に山科店を開店。
平成11年3月 商事部門を「大丸興業株式会社」に営業譲渡。
平成11年6月 建装部門を「株式会社大丸装工」として分離独立。
平成13年11月 「株式会社ダイマル」を吸収分割し、須磨店と芦屋店を直営化。
平成15年2月 環境マネジメントシステム規格「ISO14001」の認証を取得。
平成15年3月 「株式会社博多大丸」と「株式会社長崎大丸」の両社が合併。
平成15年3月 札幌市に札幌店を開店。
   


[トップページに戻る]