×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
スリーエフ

コンビニエンスストア中堅、首都圏が地盤、コンビニ業界11位、中堅スーパーの富士シティオ(横浜市)のコンビニ事業部としてスタート、81年に独立


 
年月
沿革
昭和54年8月 兜x士スーパー(現富士シティオ)のコンビニエンス事業部としてスタート
昭和54年11月 直営1号店(栗木店)を横浜市磯子区に開店
昭和56年2月 コンビニエンスストアの経営並びにフランチャイズ店の経営指導を目的として横浜市港南区に潟Xリーエフを設立
昭和57年4月 フランチャイズ1号店(野毛店)を横浜市中区に開店
昭和63年1月 CI導入
昭和63年3月 POS(販売時点情報管理システム)実験開始
平成元年6月 100店舗達成
平成元年11月 本店を横浜市中区日本大通17番地に移転
平成3年8月 EOB(電子発注システム)導入
平成4年6月 200店舗達成
平成6年2月 300店舗達成
平成7年8月 400店舗達成
平成8年3月 T-TIMES(総合経営情報システム)本格稼動
平成9年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成10年2月 500店舗達成
平成12年7月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
ISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)の審査登録
平成12年10月 スリーエフ・オンライン(連結子会社)を設立
平成13年2月 600店舗達成
平成13年3月 潟Tニーマートと四国4県におけるエリア・フランチャイズ契約を締結
平成13年8月 第二次T-TIMES本格稼動


[トップページに戻る]