×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
住友林業

住友系、住宅メーカー大手、木造在来工法メーカーで最大手、住宅と木材が2本柱、日本最大の山林を持つ


 
年月
沿革
昭和23年2月 住友本社の解体に伴い、同社の林業所を分割し、新会社6社(四国林業、九州農林、北海農林、扶桑林業、兵庫林業、東海農林、各株式会社)を設立。
昭和23年12月 扶桑林業、兵庫林業、東海農林の3社を合併し、新たに扶桑農林株式会社を設立。
昭和26年2月 扶桑農林、九州農林、北海農林の3社を合併し、東邦農林株式会社を設立。
昭和30年2月 四国林業と東邦農林が合併、住友林業株式会社となる。(本社:大阪市、資本金:210百万円)
山林経営のほか、全国的な国内材集荷販売体制を確立。
昭和31年10月 外材の輸入業務に着手。
昭和37年2月 建材の取り扱いを開始。
昭和39年3月 スミリン合板工業株式会社設立。住宅資材製造事業を開始。
昭和39年9月 スミリン土地株式会社(現 住友林業ホームサービス株式会社<連結子会社>)設立。分譲住宅事業に進出。
昭和45年5月 当社株式、大阪証券取引所市場第二部に上場。
昭和45年9月 浜田産業株式会社(現 住友林業クレスト株式会社<連結子会社>)の発行済株式総数の過半数を取得。
昭和47年2月 当社株式、大阪証券取引所市場第一部に指定替え。
昭和50年8月 大阪殖林株式会社を買収。
昭和50年10月 スミリン住宅販売株式会社を東京と大阪に設立。注文住宅事業開始。
昭和52年4月 スミリン緑化株式会社(現 住友林業緑化株式会社<連結子会社>)設立。造園・緑化事業を開始。
昭和55年7月 スミリン住宅販売株式会社2社の商号を、それぞれ住友林業ホーム株式会社(東京)、住友林業住宅株式会社(大阪)に変更。
昭和59年10月 住友林業ホーム株式会社と住友林業住宅株式会社を対等合併。(新社名:住友林業ホーム株式会社)
ニュージーランドにおいてMDF(中質繊維板)製造・販売を目的とする合弁事業開始。(現 Nelson Pine Industries Ltd.社<連結子会社>、平成2年6月に株式会社に改組。)
昭和61年12月 ナプコホーム株式会社(現 スミリンツーバイフォー株式会社<連結子会社>)の発行済株式総数全株式を取得。ツーバイフォー工法による住宅事業に進出。
昭和62年10月 住友林業ホーム株式会社と大阪殖林株式会社を吸収合併。
平成2年11月 当社株式、東京証券取引所市場第一部に上場。
平成3年4月 スミリンメンテナンス株式会社を住友林業ホームテック株式会社<連結子会社>に商号変更。
リフォーム事業へ本格進出。
平成7年4月 イノスグループ事業開始。
平成7年6月 木造ユニット工法によるシステム住宅事業を開始。
平成13年4月 住友林業クレックス株式会社は、スミリン合板工業株式会社、スミリンホルツ株式会社、富士不燃建材工業株式会社の3社を吸収合併し、住友林業クレスト株式会社<連結子会社>に商号変更。
   


[トップページに戻る]