×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
住友電気工業

住友系、電線、光通信機器・光ファイバー、自動車部品、工具メーカー大手、電線首位。


 
年月
沿革
明治30年4月 住友本店が日本製銅株式会社を買収し、直営事業として大阪市北区安治川上通に住友伸銅場を開設、銅電線などの製造を開始(創業)
明治32年3月 大阪製銅株式会社を買収し、住友伸銅場中之島分工場を開設
明治33年4月 被覆線の製造開始
明治42年10月 通信用ケーブル試作開始
明治44年8月 住友伸銅場より電線製造業を分離し、住友電線製造所を置く。ほぼ、あらゆる電線ケーブルの製造能力を持つにいたる(創立)
大正5年4月 エナメル線の製造開始
大正12月 現在の大阪製作所の地に新工場を建て移転完了
大正9年12月 住友総本店から分離独立、株式会社住友電線製造所に改組(設立)(資本金1千万円)
昭和昭和6年6月 イゲタロイ(超硬工具)の製造開始
昭和6年10月 東海電線株式会社(現・住友電装株式会社)に資本参加
昭和7年9月 耐酸ニッケル線など特殊金属線の製造開始
昭和12年10月 東海護謨工業株式会社(現・東海ゴム工業株式会社)に資本参加
昭和14年11月 社名を住友電気工業株式会社(現社名)と改称
昭和16年3月 伊丹市に伊丹製作所を開設
昭和18年1月 防振ゴム、続いて燃料タンクの製造開始
6月 名古屋市に名古屋製作所を開設
昭和21年1月 東京支店(現本社(東京))、名古屋出張所(現中部支社)及び福岡出張所(現九州支店)を開設
昭和23年11月 焼結製品の販売開始
昭和24年5月 株式を東京・大阪・名古屋の各証券取引所に上場
6月 架空送電線工事部門に進出
昭和28年4月 太陽電設工業株式会社(現・住友電設株式会社)に資本参加
昭和36年5月 横浜市に横浜製作所を開設
昭和37年2月 電子線照射イラックスチューブの製造開始
7月 本社を大阪市此花区より現在地(大阪市中央区)に移転
昭和38年6月 ディスクブレーキの製造開始
昭和39年8月 電子線照射電線の製造開始
昭和43年7月 交通管制システムを事業化
昭和45年6月 化合物半導体の製造開始
昭和46年6月 栃木県鹿沼市に関東製作所を開設
昭和49年12月 光ファイバケーブルの製造開始
昭和50年5月 営業年度を年1回に変更(毎年 4月 1日〜翌年 3月31日)
昭和51年12月 ナイジェリア大規模通信網工事を受注
昭和54年4月 当社初の時価発行増資を実施
昭和56年3月 光LANシステム初納入
昭和60年4月 合成ダイヤモンド単結晶製品の事業化
昭和61年6月 米国にスミトモ エレクトリック ワイヤリング システムズ インク設立
平成5年1月 播磨研究所開設
平成6年2月 米国にスミトモ エレクトリック ライトウェーブ コープ設立
平成11年7月 住友電工ブレーキシステムズ株式会社にブレーキ・ABS事業を営業譲渡
平成13年10月 株式会社ジェイ・パワーシステムズに高圧電力用電線事業を営業譲渡


[トップページに戻る]