×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
住商オートリース

住友商事グループ、自動車リース大手、自動車メンテナンスリースで国内2位


 
年月
沿革
昭和56年2月 東京都新宿区に、住商オートリース株式会社を設立。
住商リース株式会社の自動車リース事業を分離し、住友商事株式会社直系の自動車リース専門の会社として発足。
昭和56年4月 東京本社、大阪本社、札幌(現 北海道支店)、仙台(現 東北支店)、名古屋(現 中部支店)、福岡(現 九州支店)各営業所にて営業開始。
昭和56年12月 広島駐在員事務所(現 中国支店)設置。
昭和58年10月 金沢駐在員事務所(現 北陸支店)設置。
昭和60年1月 車両管理の専門会社エス・エー・エル株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和61年1月 横浜駐在員事務所(現 横浜支店)、新潟駐在員事務所(現 新潟営業所)設置。
昭和61年3月 四国駐在員事務所(現 四国支店)設置。
昭和62年4月 個人リース部(現 代理店ネット事業部)を設け個人向け自動車リースの営業を開始。
昭和62年10月 静岡営業所、岡山営業所(現 岡山支店)設置。
昭和63年1月 京都営業所(現 京都支店)設置。
平成元年3月 神戸営業所(現 神戸支店)設置。
平成元年5月 長野営業所(現 甲信営業所)設置。
平成元年9月 鹿児島営業所(現 南九州営業所)設置。
平成2年4月 北関東支店、愛媛営業所設置。
平成2年10月 熊本営業所設置。
平成3年6月 本部制を導入し、総務本部、財経本部、開発本部(現 業務本部)、車両管理本部、東日本営業本部、西日本営業本部の6本部を設置。
平成3年7月 南近畿営業所設置。
平成4年12月 千葉営業所(現 東関東営業所)設置。
平成8年12月 損害保険代理店登録。
平成9年11月 北九州営業所設置。
平成10年2月 水戸出張所(現 水戸エリアオフィス)設置。
平成10年4月 青森出張所、盛岡出張所設置。(平成12年4月に統合 現 北東北支店)
平成10年7月 沖縄出張所(現 沖縄営業所)設置。
平成10年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年10月 群馬出張所(現 群馬エリアオフィス)設置。
平成11年3月 中古自動車入札会の運営・管理会社 スペイス・ムーブ株式会社(現・連結子会社)を設立。
営業企画本部を設置し、7本部制に組織改定。
平成11年8月 宇都宮出張所(現 宇都宮エリアオフィス)設置。
平成11年10月 長崎出張所(現 長崎エリアオフィス)設置。
平成11年12月 高知出張所(現 高知エリアオフィス)設置。
平成12年4月 アポロサービス株式会社から自動車リース事業を譲受けた。
平成12年12月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成13年6月 総務本部、財経本部を統合し総経本部を設置し、6本部制に組織改定。
平成13年8月 浜松出張所(現 浜松エリアオフィス)設置。
平成14年3月 東京証券取引所市場第一部に上場。


[トップページに戻る]