×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
スターゼン

食肉卸・加工メーカー大手、食肉ディーラートップ、ハムやソーセージなどを手がける


 
年月
沿革
昭和23年6月 全国畜産協同組合を母体に資本金750万円をもって全国畜産株式会社を設立、役牛の売買を行う。
昭和24年8月 食肉の取扱開始。
昭和30年10月 オーストラリアより冷凍肉の輸入開始。
昭和32年4月 阿久根出張所(現、株式会社スターゼンミートグループ運営)を開設。食肉の国内遠距離輸送開始。
昭和36年2月 三井物産株式会社と資本並びに業務提携。
昭和37年3月 横浜工場においてハム・ソーセージの製造開始。
昭和37年11月 東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
昭和42年3月 東京食肉市場発足と共に仲買部門を分離し、株式会社丸全を設立。
昭和43年7月 株式会社サンエーを設立。
昭和45年6月 商号を株式会社ゼンチクに変更。
昭和47年4月 日本マクドナルド株式会社と取引契約、千葉工場を開設しハンバーガーパティの製造開始。
昭和47年9月 海外進出のため、オーストラリアにゼンチク・オーストラリアPTY. LTDを設立。
昭和52年9月 東京証券取引所市場第一部へ株式を上場。
昭和52年11月 船橋工場(現、株式会社栃木ゼンチク運営)を新設し、横浜工場の業務を移転。
昭和54年7月 アメリカ・カリフォルニア州にゼンチク(U.S.A.), INC.(現、スターゼン(U.S.A.), INC.)を設立。
昭和56年10月 株式会社栃木ゼンチクを設立。
昭和57年5月 栃木工場(現、株式会社栃木ゼンチク運営)にてハム・ソーセージの製造開始。
昭和59年3月 阿久根営業所の製造部門を分離独立させ株式会社阿久根ゼンチク(現、株式会社スターゼンミートグループ)を設立。
昭和59年12月 加工食肉専用工場として松尾工場(現、株式会社スターゼン食品運営)を新設。
昭和61年4月 株式会社石狩ゼンチク(現、株式会社スターゼンミートグループ)を設立。
昭和63年3月 那須工場(現、株式会社栃木ゼンチク運営)を新築、栃木工場の業務を移転。
昭和63年9月 アメリカ・モンタナ州に牧場経営を目的とするゼンチク・ランド・アンド・ライブストック, INC. を設立。
平成2年12月 アメリカ・カリフォルニア州に牛・豚の加工を業務とする合弁会社マニングフーズ, INC.(現、スターゼン(U.S.A.), INC.)を設立。
平成4年5月 岩見沢工場(現、株式会社スターゼンミートグループ運営)新設。
平成5年9月 東京白露産業株式会社を設立。
平成6年10月 三戸営業所の製造部門を分離独立させ株式会社三戸ゼンチク(現、株式会社スターゼンミートグループ)を設立。
平成8年3月 船橋工場(ハム・ソーセージ製造)を分離独立させ、株式会社ゼンチクパックセンター(現、株式会社栃木ゼンチク)を設立。
平成8年4月 調理済及び半調理済食品取扱部門を分離独立させ株式会社ゼンチク販売を設立。
平成8年10月 三沢工場(現、株式会社スターゼンミートグループ運営)新設。
平成10年2月 株式会社スターゼン食品を設立し、松尾工場を分離独立。
平成10年5月 株式会社石狩ゼンチクは、株式会社阿久根ゼンチク、株式会社三戸ゼンチクと合併を行い、商号を株式会社スターゼンミートグループに変更。株式会社栃木ゼンチクは、株式会社ゼンチクパックセンターと合併。
平成11年4月 商号をスターゼン株式会社に変更。
平成11年5月 マニングフーズ(U.S.A.), INC.(現、スターゼン(U.S.A), INC.)は、ゼンチク(U.S.A), INC. と合併。
平成12年2月 エルエムフーズ株式会社(現、ローマイヤ株式会社)と資本並びに業務提携。


[トップページに戻る]