×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
ソーテック

パソコンメーカー、低価格パソコンに特化、製造は外部委託するファブレス経営、投資ファンド運営会社が経営参加


 
昭和52年8月に、パソコン及びソフトウエアの開発、販売を主たる目的として、資本金10,000千円にて株式会社工人舎を横浜市中区松影町に設立いたしました。昭和59年2月、16bitLCDポータブルコンピュータ「PHC-16」の開発に成功し、これを契機に株式会社工人舎の技術部門が株式会社ソーテックとして独立することになりました。
株式会社ソーテック設立以後の企業集団に係る経緯は、次のとおりであります。
 
年月
沿革
昭和59年4月 株式会社ソーテックを資本金25,000千円で、横浜市中区日本大通りに設立。
昭和60年6月 「PHC-16」販売開始。
昭和61年7月 ラップトップ型パソコン「SPARK」「SNAP1+1」を開発、販売開始。
平成2年4月 小型ラップトップ型パソコン「M-6」を米国、東南アジアにOEM供給開始。
平成2年4月 32bitノートブック型パソコン、A4サイズ「B-1」を開発、OEM供給開始。
平成2年12月 本社を横浜市中区太田町へ移転。
平成4年11月 トラックボールとカラーディスプレイを採用した「B-2」を開発、OEM供給開始。
平成6年2月 米国での販売強化及び情報収集のためSOTEC AMERICA, INC.を設立。(平成11年2月清算)
平成6年6月 B5サイズのサブノートブック型パソコン「WinBook S・SC」を開発、販売開始。
平成7年6月 CD-ROM搭載マルチメディアノートブック型パソコン「WinBook Quattro」を開発、販売開始。
平成8年5月 ベースステーション脱着式マルチメディアノートブック型パソコン「WinBook Bird」を開発、販売開始。
平成8年6月 本社を横浜市西区みなとみらい横浜ランドマークタワー内へ移転。
平成9年2月 薄型A4サイズノートブック型パソコン「WinBook Slim」を開発、販売開始。
平成9年3月 韓国TriGem Computer, Inc.と業務提携。
平成9年7月 A5サイズハンディパソコン「WinBook Trim」を開発、販売開始。
平成9年9月 デスクトップ型パソコン「PC STATION」シリーズを開発、販売開始。
平成9年9月 ノートブック型パソコン「WinBook Eagle」シリーズを開発、販売開始。
平成9年9月 「ソーテックダイレクト」を開設。インターネット及び電話による直接販売を開始。
平成10年4月 本社に「SOTECショールーム」を開設。
平成10年7月 株式会社キョウデンと業務・資本提携。
平成10年9月 「Micro PC STATION」シリーズ(低価格デスクトップ型パソコン)を開発、販売開始。
平成10年11月 Korea Data Systems Co., Ltd.と業務提携。
平成11年6月 大阪市中央区に直営ショップとして「SOTEC 大阪営業所」を開設。
平成11年7月 モニタ一体型パソコン「e-one」を開発、販売開始。
平成11年10月 福岡市中央区に直営ショップとして「SOTEC 福岡営業所」を開設。
平成12年2月 低価格ノートブック型パソコン「e-note」を開発、販売開始。
平成12年4月 名古屋中村区に直営ショップとして「SOTEC 名古屋営業所」を開設。
平成12年4月 マルチメディアデスクトップ型パソコン「M-370AV」を販売開始。
平成12年5月 サポート体制強化のため株式会社ソーテック・イー・サービス(連結子会社)を設立。(資本金490百万円。出資比率51%)
平成12年6月 株式会社ケンウッドと業務提携。
平成12年7月 札幌市中央区に直営ショップとして「SOTEC 札幌営業所」を開設。
平成12年9月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場へ上場。
平成12年10月 株式会社ケンウッドと共同開発の「AFiNA AV」、独自開発の「AFiNA Style」を発表。
平成13年6月 B5サイズノートブック型パソコン「AFiNA note」を開発、販売開始。
平成13年6月 横浜市金沢区に修理拠点として「ソーテック 横浜サービスセンター」を開設。
   


[トップページに戻る]