×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
昭和鉱業

硝子長繊維原料メーカー大手、キョウデンが筆頭株主


 
年月
沿革
1934年(昭和9年) 森コンツェルン」の一環として設立。非鉄金属鉱山並びに製練所操業開始。
1949年(昭和24年) 東京・大阪証券取引所上場。
1961年(昭和36年) 勝光山鉱業所(現 庄原工場)および安芸津工場を買収。
1962年(昭和37年) ろう石採掘・販売開始。ろう石クレー、ろう石質耐火物の製造・販売開始。
1970年(昭和45年) 河下工場竣工。フバサミクレー鰍設立。勝光山鉱業所で長繊維用クレーの製造・販売開始。
1971年(昭和46年) ジルコン質れんがの製造・販売開始。
1972年(昭和47年) 昭和ケミカル鰍設立し、ガラス長繊維用クレーの製造開始。
1977年(昭和52年) セメント混和材の製造・販売開始。昭和ケミカル渇津工場操業開始。
1979年(昭和54年) 昭和ケミカル鰍ノてガラス長繊維用コレマナイトの製造開始。
1984年(昭和59年) 研究室を設置。
1990年(平成2年) 耐火物中性流し込み材の製造・販売開始。
1994年(平成6年) プリント配線板製造開始。
1998年(平成10年) 菌床セラミックス、触媒担持体製造開始。
1999年(平成11年) トンネル工事用プレミックスモルタル製造開始。耐酸ガラス長繊維用クレー製造開始。
2001年(平成13年) 排水処理ビジネスに進出。(日企販売鰍買収。現在:昭和環境システム)
   


[トップページに戻る]