×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
シマノ

自転車用駆動・ブレーキ部品の総合メーカーで高シェア、高級自転車のギア系統やブレーキなどの基幹部品に特化、釣具等も展開、海外生産・販売比率高い。


 
年月
沿革
大正10年2月 堺市東湊町3丁において初代取締役社長島野庄三郎島野鉄工所を創立。自転車部品フリーホイールの製造を開始。
昭和11年6月 現在地たる堺市老松町3丁77番地に工場を新設移転。
昭和15年1月 資本金150万円の株式会社に改組。社名を株式会社島野鉄工所に変更。
昭和26年2月 島野自転車株式会社(資本金2,300万円)を吸収合併し、資本金3,200万円に増資。
社名を島野工業株式会社に変更。
昭和35年6月 冷間鍛造を開始。
昭和40年3月 米国、ニューヨーク市に現地法人Shimano American Corporation(現連結子会社)を設立。
昭和45年2月 釣用リールの製造を開始。
昭和45年10月 島野山口株式会社を設立。
昭和45年12月 下関工場第一期工事竣工。
昭和46年1月 島野足立株式会社を設立し、釣用竿の製造を開始。
昭和47年8月 西ドイツ、デュッセルドルフ市に現地法人Shimano(Europa)GmbH(現連結子会社)設立。
昭和47年11月 大阪証券取引所の市場第2部に上場。
昭和48年5月 東京証券取引所の市場第2部に上場。
昭和48年5月 シンガポールに現地法人Shimano(Singapore)Pte. Ltd.(現連結子会社)を設立。
昭和48年10月 大阪証券取引所、東京証券取引所の市場第1部に上場。
昭和52年4月 株式会社フィッシング関東が発足。(昭和55年11月社名をシマノ釣具東日本販売株式会社に変更)
昭和52年6月 株式会社フィッシング九州を設立。
昭和54年10月 中国シマノ販売株式会社を設立。
昭和55年3月 シマノ関西株式会社を設立。
昭和56年6月 株式会社フィッシング九州が中国シマノ販売株式会社を吸収合併し、社名をシマノ釣具西日本販売株式会社に変更。
昭和56年12月 シマノ釣具西日本販売株式会社がシマノ関西株式会社を吸収合併。
昭和57年3月 本社新社屋竣工。
昭和62年5月 シマノ釣具西日本販売株式会社がシマノ釣具東日本販売株式会社を吸収合併し、社名をシマノ釣具販売株式会社に変更。
平成元年2月 オランダに現地法人Ultegra Nederland B. V.を設立。
平成元年5月 シマノ臨海株式会社(現連結子会社)を設立。
平成2年1月 マレーシアに現地法人Shimano Components(Malaysia)Sdn.Bhd.(現連結子会社)を設立。
平成2年3月 イタリアAlfred Thun S.p.A. 社の株式取得。
平成3年3月 社名を株式会社シマノに変更。
平成4年10月 中国江蘇省昆山市に現地法人Shimano(Kunshan)Bicycle Components Co., Ltd.(現連結子会社)を設立。
平成7年3月 島野山口株式会社、シマノ釣具販売株式会社及びシマノ釣具静岡販売株式会社より営業譲受。
平成7年7月 インドネシアに現地法人P.T.Shimano Batam(現連結子会社)を設立。
平成7年10月 子会社のシマノ臨海株式会社(現連結子会社)が島野山口株式会社、シマノ釣具販売株式会社およびエヌエフテー株式会社を吸収合併。
平成8年7月 マレーシアに現地法人Shimano(Mersing)Sdn.Bhd.(現連結子会社)を設立。
平成9年11月 Ultegra Nederland B.V.(現 Shimano Europe Fishing Holding B.V.)(現連結子会社)及びShimano(Europa)GmbH(現連結子会社)の株式及び出資金を現物出資して、Shimano Europe Holding B.V.(現連結子会社)を設立。
平成10年11月 イタリアAlfred Thun S.p.A.社の株式を追加取得、同年12月に社名をShimano Italia S.p.A.(現連結子会社)に変更。
平成12年11月 フランスEts A.Bertin S.A.社の株式を取得、同年12月に社名をS.A.S.Bertin(現連結子会社)に変更。
平成13年3月 チェコに現地法人Shimano Czech Republic s.r.o.を設立。
平成13年6月 中国に現地法人Shimano Shanghai Bicycle Components Co., Ltd.を設立。


[トップページに戻る]