×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
ゼンショー

郊外型ファミリー牛どんチェーン、発祥の神奈川から首都圏を中心に牛どん店「すき家」を展開、子会社のココスジャパンは「CASA」を買収


 
年月
沿革
昭和57年6月 当社を設立し、神奈川県横浜市鶴見区に横浜工場併設の本社を設置。
昭和57年7月 ランチボックス(弁当店)1号店として、生麦店(神奈川県横浜市鶴見区)を開店。
昭和57年11月 すき家(牛丼店)ビルイン1号店として、生麦駅前店(神奈川県横浜市鶴見区)を開店。
昭和61年8月 本社を神奈川県横浜市神奈川区へ、横浜工場を神奈川県横浜市緑区(現在の都筑区)にそれぞれ移転し、横浜配送センターを横浜工場に併設。
昭和62年4月 本社を神奈川県横浜市神奈川区(鶴屋町)へ移転。
昭和62年7月 ロードサイドに独立して店舗を構えるフリースタンディング1号店として、水戸店(茨城県水戸市)を開店。
昭和63年10月 横浜配送センターを横浜工場より分離し、神奈川県横浜市緑区(現在の都筑区)に移転。
平成元年1月 本社を神奈川県横浜市西区へ移転。
平成2年4月 経営の効率化を図るため、すき家食品鰍吸収合併。
平成2年10月 栃木県佐野市に佐野工場を新設し、佐野配送センターを併設。
平成3年3月 神奈川県横浜市保土ヶ谷区に研修センターを開設。
平成4年3月 横浜配送センター(神奈川県横浜市緑区)を廃止し、神奈川県川崎市宮前区に川崎配送センターを新設。
平成5年5月 カウンター・セルフサービス方式1号店として、八景島店(神奈川県横浜市金沢区)を開店。
平成5年8月 100店舗達成。
平成5年10月 物流部門機能拡充のため、埼玉県三郷市に三郷配送センター、愛知県春日井市に春日井配送センターを新設。
平成5年12月 セントラルキッチン機能拡充のため、栃木県佐野市に佐野第2工場を新設。
平成6年7月 セントラルキッチン機能拡充と物流の効率化を目的として、神奈川県川崎市宮前区の川崎配送センターに川崎工場を併設。
平成6年9月 南南亭(カレー店)1号店として、つきみ野店(神奈川県大和市)を開店。
平成8年4月 たの家(丼専門店)1号店として、関内店(神奈川県横浜市中区)を開店。
平成9年8月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成10年5月 経営の効率化により、たの家(丼専門店)の閉店。
平成11年9月 東京証券取引所第二部市場へ上場。
平成12年3月 セントラルキッチン機能拡充のため、大阪府大阪市住之江区に大阪工場を新設。
平成12年7月 仕入、製造、店舗開発等でシナジー効果が期待できると判断し、潟Rコスジャパンを買収。
平成12年10月 設備・メンテナンス効率化のため、潟eクノサポートを設立。
平成12年11月 食材調達の効率化のため、潟Oローバルフーズを設立。
平成13年5月 仕入、店舗開発等でシナジー効果が期待できると判断し、鰍ャゅあんを買収。
平成13年7月 本社を東京都港区へ移転。
平成13年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄指定。
平成13年10月 新業態の開発を行うため、潟Gイ・ダイニングを設立。


[トップページに戻る]