×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
積水ハウス

積水化学工業グループ、住宅メーカー最大手、鉄骨プレハブ主力


 
当社(昭和44年3月、商号を昭和殖産株式会社より積水ハウス株式会社に変更)は昭和44年5月、大阪市北区玉江町2丁目2番地所在の積水ハウス株式会社(旧積水ハウス株式会社)を吸収合併(旧積水ハウス株式会社の株式額面変更のため)しましたが、合併期日前の当社は休業状態であったため、企業の実体は、旧積水ハウス株式会社が合併後もそのまま存続しているのと同様の状態にあります。従って、以下の沿革における、上記合併前の当社に関する内容は、実体会社である旧積水ハウス株式会社のものを記載しています。
 
年月
沿革
昭和35年8月 プレハブ住宅の事業化を計画、資本金1億円にて積水ハウス産業株式会社として発足
昭和36年7月 滋賀県栗太郡栗東町(現 栗東市)に滋賀工場を設置、操業を開始
昭和38年10月 社名を積水ハウス株式会社と商号変更
昭和44年5月 株式額面変更のため積水ハウス株式会社(昭和殖産株式会社が昭和44年3月商号変更)に吸収合併
昭和45年8月 株式を東京、大阪証券取引所市場第二部へ上場
茨城県猿島郡総和町に関東工場を設置、操業を開始
昭和46年6月 東京、大阪証券取引所市場第一部へ指定替え
昭和47年3月 株式をCDR(大陸預託証券)の形でオランダ、アムステルダム証券取引所へ上場
昭和47年8月 株式を名古屋証券取引所市場第一部へ上場
昭和48年8月 山口市に山口工場を設置、操業を開始
昭和50年6月 本店を大阪市北区玉江町2丁目2番地から大阪市北区中之島6丁目6番地(昭和53年2月1日より住居表示実施に伴い大阪市北区中之島6丁目2番27号に変更)に移転
昭和51年3月 積和不動産株式会社を設立
昭和52年2月 積和不動産株式会社(昭和57年3月に関西積和不動産株式会社に商号変更)を設立
昭和52年3月 株式をGBC(包括無記名証券)の形でドイツ、フランクフルト証券取引所へ上場
昭和55年8月 積和不動産株式会社(昭和57年3月に九州積和不動産株式会社に商号変更)を設立
昭和55年10月 静岡県小笠郡大東町に静岡工場を設置、操業を開始
昭和56年2月 積和不動産株式会社(昭和56年6月に中部積和不動産株式会社に商号変更)を設立
昭和57年8月 中国積和不動産株式会社を設立
昭和58年8月 東北積和不動産株式会社を設立
昭和60年7月 兵庫県加東郡東条町に兵庫工場を設置、操業を開始
昭和63年9月 積和不動産株式会社が株式を日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
平成元年10月 関西積和不動産株式会社が株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
平成2年7月 アムステルダム証券取引所に上場していたCDRを廃止し、株式をASAS(Amsterdam Security Account System/株券振替制度)方式で同証券取引所に原株上場(平成12年9月、アムステルダム証券取引所の合併によりユーロネクストアムステルダムがこれを承継)
平成3年11月 中部積和不動産株式会社が株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場
平成5年5月 本店を大阪市北区中之島6丁目2番27号から大阪市北区大淀中一丁目1番88号に移転
平成7年8月 積水ハウス木造株式会社を吸収合併
平成9年7月 関西積和不動産株式会社が大阪証券取引所市場第一部に指定替え
平成9年8月 宮城県加美郡色麻町に東北工場を設置、操業を開始
平成10年9月 中国積和不動産株式会社が株式を大阪証券取引所市場第二部及び広島証券取引所(平成12年3月、東京証券取引所との合併により東京証券取引所市場第二部へ移行)に上場
平成11年12月 積和不動産株式会社が株式を東京証券取引所市場第二部へ上場
平成12年8月 東北積和不動産株式会社、中部積和不動産株式会社、関西積和不動産株式会社、中国積和不動産株式会社並びに九州積和不動産株式会社の各社が、それぞれ商号を積和不動産東北株式会社、積和不動産中部株式会社、積和不動産関西株式会社、積和不動産中国株式会社並びに積和不動産九州株式会社へと変更
平成12年11月 積和不動産中部株式会社が株式を東京証券取引所市場第二部へ上場
平成13年2月 積水ハウス北陸株式会社、積水ハウス四国株式会社、積水ハウス山梨株式会社並びに積水ハウス山陰株式会社を吸収合併
平成15年2月 積和不動産九州株式会社が株式をJASDAQ市場へ上場
   


[トップページに戻る]