×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
野村ホールディングス

証券業界の最大手、持株会社への移行に伴い、野村ホールディングスと野村證券に機能を分割


 
年月
沿革
1925年12月25日 株式会社大阪野村銀行の証券部を分離して野村證券設立
1926年1月 公社債専門業者として営業開始
1927年3月 ニューヨーク出張所開設
1938年6月 株式業務の認可を受ける
1941年11月 わが国最初の投資信託業務の認可を受ける。
1946年12月 本店を東京都に移転
1948年11月 証券取引法に基づく証券業者として登録
1949年4月 東京証券取引所正会員となる
1951年6月 証券投資信託法に基づく委託会社の免許を受ける
1960年4月 証券代行業務を(現)UFJ信託銀行株式会社に営業譲渡
野村證券投資信託委託株式会社(1997年10月、野村投資顧問株式会社と合併し、野村アセット・マネジメント投信株式会社となる)の設立に伴い、証券投資信託の委託業務を営業譲渡
1961年10月 当社株式を東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所に上場
1965年4月 調査部を分離独立させて、株式会社野村総合研究所を設立(1988年1月、野村コンピュータシステム株式会社と合併)
1966年1月 電子計算部を分離独立させて、株式会社野村電子計算センターを設立(1972年12月、野村コンピュータシステム株式会社に社名変更。1988年株式会社野村総合研究所と合併し、社名を株式会社野村総合研究所に変更)
1968年4月 改正証券取引法に基づく総合証券会社の免許を受ける
1969年11月 ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルInc.ボストン証券取引所の会員権を取得
1981年7月 ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルInc.ニューヨーク証券取引所会員権取得
1985年11月 野村ビジネスサービス株式会社設立
1993年8月 野村信託銀行株式会社設立
1997年4月 株式会社野村総合研究所のリサーチ部門を吸収し、金融研究所設立
1998年12月 証券取引法の改正により、金融監督庁より登録を受ける
1999年1月 野村ファンドネット証券株式会社設立
1999年11月 野村キャピタル・インベストメント株式会社設立
1999年11月 野村リアルティ・キャピタル・マネジメント株式会社設立
1999年11月 野村企業情報株式会社、野村インベスター・リレーションズ株式会社および野村サテライト株式会社の株式を取得し、子会社化
2000年3月 野村アセット・マネジメント投信株式会社の株式を追加取得し、子会社化
2000年7月 野村バブコックアンドブラウン株式会社を連結子会社とする
2001年2月 株式会社ジャフコを持分法適用関連会社とする
2001年10月 持株会社への移行に伴い、野村ホールディングス株式会社野村證券株式会社に機能を分割
2001年 12月 当社ADRをニューヨーク証券取引所に上場
2002年 4月 野村企業情報株式会社を野村證券株式会社に吸収合併
2002年 4月 野村ヒューマンキャピタル・ソリューション株式会社を連結子会社とする
   


[トップページに戻る]