×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
みずほ信託銀行

みずほフィナンシャルグループ、信託会社大手、旧安田信託銀行


 

年月
沿革
大正14年5月9日 信託業法に基づき共済信託株式会社の商号にて設立(資本金3千万円)
6月1日 本店(大阪)、東京支店、京都支店営業開始
大正15年2月12日 社名を安田信託株式会社と改称
昭和8年2月11日 本店を東京に移転
昭和23年8月2日 社名を中央信託銀行株式会社と改称、普通銀行業務開始
昭和24年5月16日 東京証券取引所へ上場
昭和25年6月 外国為替業務開始
  住宅金融公庫代理業務取扱開始
昭和27年6月1日 安田信託銀行株式会社と改称、貸付信託募集開始
6月26日 貸付信託募集開始
昭和33年3月 車輌信託第1号受託(西武鉄道)
11月 証券投資信託受託(角丸証券)
  証券代行第1号受託(帝国ピストンリング、日本カーリット)
昭和34年9月 総資金量1,000億円突破
昭和36年10月2日 大阪証券取引所へ上場
昭和37年3月 建物信託第1号受託(大成建設)
7月 適格退職年金信託第1号受託(東都製鋼:現トピー工業)
昭和41年3月 提携住宅ローン第1号取扱開始
10月 厚生年金基金信託(調整年金)取扱開始
昭和42年3月 黄色いワッペン贈呈始まる
昭和43年4月 社内預金引当信託取扱開始
  船舶信託第1号受託
昭和45年4月 コンピュータ信託第1号受託
5月 総資金量1兆円突破
昭和46年7月 信託総合オンライン開始(第1次)
昭和47年4月 財産形成信託取扱開始
7月 ホームローン「わが家」取扱開始
昭和48年1月 貸付信託元本1兆円突破
11月 年金信託財産1,000億円突破
12月 外国株東証上場にともない、外国株式事務受託
昭和49年3月 住宅ローン債権信託受託
昭和50年7月 特定贈与信託第1号受託
昭和52年2月 新本店完成(創立50周年記念事業)
昭和53年5月 公益信託第1号受託
昭和53年8月18日 初の海外現地法人を香港に設立
昭和55年6月 第2次オンラインシステム完成
昭和56年1月 信託総合口座取扱開始
6月 新型貸付信託「ビッグ」販売開始
昭和57年10月 財形年金信託取扱開始
昭和58年4月9日 国債等公共債窓口販売開始
12月 カードローン「カスタム」「VIP」取扱開始
昭和59年4月 わが国初の個人地主からの土地信託を受託
  証券代行ファームバンキング開始
昭和59年6月1日 公共債ディーリング業務開始
昭和60年2月 アパートローン取扱開始
9月 遺言書管理信託取扱開始
12月 新型金銭信託「ヒット」販売開始
昭和61年7月15日 安信住宅販売株式会社(現連結子会社)を設立
10月30日 全体ALMシステム稼動
11月 国・公有地最大の土地信託「新宿モノリス」受託(委託者:東京都)
昭和62年3月 東京情報センター開設
昭和62年12月21日 株式会社都市未来総合研究所(現連結子会社)を設立
昭和63年7月 「スーパーLLローン&ローン」取扱開始
10月 社内人材公募制度「ジョブチャレンジ制度」導入
平成1年6月 新「マネーマーケットセンター」開設
4月20日 安信総合ファイナンス株式会社(現連結子会社)を設立
10月9日 ロンドン証券取引所に株式を上場
  日本赤十字社と提携して善意信託「ほほえみ」取扱開始
平成2年5月7日 第3次オンラインシステム全面稼働
11月 YASUDA SCHOLARSHIP FUND 設立
平成3年1月 相互扶助型の個人年金信託「マイルート」取扱開始
6月 かんきょう信託「さわやか」取扱開始
8月 「大韓不動産信託」と業務提携
9月 北海道有地土地信託第1号案件を受託
12月 同和研修10周年記念、「安田識字基金」を設立
平成4年4月 善意信託「いぶき」取扱開始
10月 当社のキャンペーン・キャラクターとして「オヨヨ」登場
平成5年3月 一般貸付債権信託取扱開始
4月 公益信託受託件数100件突破
7月1日 信託代理店第1号契約
平成6年1月 売掛債権信託取扱開始
平成7年3月 大阪市交通局住之江用地土地信託事業「オスカードリーム」竣工
平成8年4月 八王子市土地信託事業「フレスコ南大沢」竣工
平成9年2月 ポイントサービス「ベストフレンド」取扱開始
3月 テレホンバンキングを開始
6月 新型定期預金「フリースタイル」販売開始
10月 実績配当型金銭信託「ハイパワー1」発売
12月 投資信託の窓口販売を開始
平成10年12月1日 証券投資信託の窓口販売開始
2011年3月 郵便局ATMにて当社普通預金の出金取扱開始
3月31日 株式会社富士銀行を引受先とする第三者割当増資の実施により、同行の子会社となる
4月 中期経営計画〈YTB2000戦略〉スタート
  富士銀行とのCD/ATM払出業務の相互開放開始
5月 資産流動化商品「メダリスト」募集開始
6月 最低金利保証付き変動金利定期預金「パノラマ」販売開始
  執行役員制度の導入
平成11年7月19日 富士銀行との店舗の共同化スタート(池袋支店・津田沼支店)
  〈ゴールドマン・サックス・米ドル・MMF〉のテレホンバンキング取扱開始
10月1日 第一勧業富士信託銀行株式会社(現みずほ信託銀行株式会社)へ財産管理3部門(年金、証券管理、証券代行)の営業ならびに関連する子会社株式を譲渡12年2月16日海外営業拠点の撤退完了
  郵便局ATMにて当社普通預金への入金取扱開始
2012年1月 調剤報酬債権を流動化
2月16日 海外営業拠点の撤退完了
3月 資金運用信託「マイトラスト」の販売開始
4月 「新人事制度」導入
5月 資産流動化商品「メダリストライフサポート」募集開始
6月 第一勧業銀行とのCD/ATM払出業務の相互開放開始
  富士銀行ATMにて当社普通預金への入金取扱開始
8月 新宿区有地(淀橋第二小学校跡地)の土地信託の受託が内定
  西武百貨店池袋店店舗流動化に関する信託受託
4月30日 ロンドン証券取引所の上場廃止
9月 安信住宅販売(株)が(株)ハウスポート西洋の不動産仲介部門の営業を譲り受け第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行の経営統合により持株会社「みずほホールディングス」設立
10月5日 総合不動産投資顧問業登録
12月 日本興業銀行とのCD/ATM払出業務の相互開放開始
12月19日 不動産仲介、鑑定、信託の「ISO9001」認証取得(仲介、鑑定では信託業界初)
平成13年4月1日 実績配当型合同運用指定金銭信託(自由型)「オールウェイズ」販売開始
8月 民間都市開発推進機構所有地の不動産管理処分信託受託
9月 経営基盤強化計画発表
  KDDI本社ビル等の流動化に関する信託受託
平成14年1月 「オールウェイズ」が最上級ファンド信用格付を取得
3月 財務基盤強化〜減資および第三者割当増資の実施
  第一勧業銀行のATMからの入金取扱開始
  東武百貨店の所有不動産の証券化をアレンジ、不動産管理処分信託を受託
4月 みずほアセット信託銀行」に社名変更
  新中期経営計画「MHAT VISION−新たなる挑戦と変革−」スタート
7月 金銭信託(予定配当率固定型)「貯蓄の達人」販売開始
平成15年3月12 日 みずほアセット信託銀行旧みずほ信託銀行が合併し、みずほ信託銀行


[トップページに戻る]