×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
三菱東京フィナンシャル・グループ

金融持ち株会社、東京三菱銀行、三菱信託銀行、日本信託銀行が共同で設立。


 

年月
沿革
平成12年4月 株式会社東京三菱銀行三菱信託銀行株式会社、日本信託銀行株式会社(以下、「三行」という。)は、持株会社の設立を通じた経営統合を行うことについて基本合意。
平成12年10月 三行は、共同して株式移転により完全親会社である当社を設立することに関する「共同株式移転契約書」を締結。
平成12年12月 三行の臨時株主総会および種類株主総会において、三行が共同して株式移転により完全親会社を設立し、三行がその完全子会社となることを決議。
平成13年2月 三行は、金融庁より、銀行および信託銀行を子会社とする銀行持株会社の設立に係る認可を取得。
平成13年4月 三行が共同して株式移転により当社・三菱東京フィナンシャル・グループを設立。
当社普通株式を、東京証券取引所、大阪証券取引所、ニューヨーク証券取引所およびロンドン証券取引所に上場。
平成13年9月 東京信託銀行株式会社を完全子会社化。
平成13年10月 三菱信託銀行株式会社、日本信託銀行株式会社および東京信託銀行株式会社が、三菱信託銀行株式会社を存続会社として合併。
平成13年11月 連結子会社である東京三菱証券株式会社および東京三菱パーソナル証券は、持分法適用関連会社である国際証券株式会社と合併することについて基本合意。
平成13年12月 上記3社の合併に、持分法適用関連会社である一成証券株式会社が加わることについて合意。
   


[トップページに戻る]