×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
マルエツ

食品スーパー最大手、首都圏が地盤、ダイエーが株式の一部を売却し、丸紅と提携。


 

当社(昭和18年3月8日株式会社内匠組として設立、その後商号の変更を重ね、昭和49年4月マルエツ商事株式会社となる。)は昭和37年以降営業活動を休止していましたが、その後株式会社マルエツ(昭和27年6月16日設立)の1株の額面金額500円を50円に変更することを目的に、昭和51年4月1日を合併期日として株式会社マルエツを吸収合併しました。合併により株式会社マルエツの事業を全面的に継承し、同時に商号を株式会社マルエツに変更しました。したがって、実質上の存続会社は昭和27年6月16日設立の株式会社マルエツであり、以下の記載事項は実質上の存続会社について記載しています。

 
年月
沿革
昭和27年6月 初代社長高橋悦造が埼玉県浦和市(現・さいたま市)において魚の販売を開始(昭和20年10月)した個人経営の魚悦商店を基礎に有限会社魚悦商店(資本金250千円)を設立、会社の目的を「鮮魚、乾物食料品の販売」とする。
昭和34年9月 有限会社丸悦ストアーと商号変更。
昭和40年4月 セルフサービス方式の食料品スーパーマーケットの第1号店として大宮店を開店。
昭和40年8月 会社の目的に日用品、雑貨、洋品雑貨の販売等を加える。
昭和45年4月 東京都に進出し、足立区に西新井店を開店。
昭和45年12月 有限会社を株式会社に組織変更。
昭和49年2月 株式会社マルエツと商号変更し、同時に本店を埼玉県蕨市に移転。
昭和50年2月 当社の不動産部門業務を行っていた高橋興業有限会社と合併。
昭和50年5月 会社の目的に衣料品、医薬品の販売等を加える。
昭和50年12月 埼玉県大宮市(現・さいたま市)に大宮物流センターを開設。
昭和51年4月 株式の額面変更を目的として、マルエツ商事株式会社と合併。株式会社マルエツに商号変更。
昭和51年5月 千葉県に進出し、千葉市に幕張店を開店。
昭和52年2月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場。
昭和53年1月 株式会社プリマートと合併。
昭和55年12月 株式会社京葉マート(現・連結子会社)を設立。
昭和56年6月 サンデーマート株式会社(現・連結子会社)の株式取得。
昭和56年7月 株式会社サンコーと合併。本店を東京都新宿区揚場町2番地14号に移転。
株式会社ダイエーとの商品の共同仕入契約を継承。
昭和59年1月 大阪証券取引所市場第二部へ株式上場。
昭和59年10月 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部へ株式上場。
昭和60年8月 埼玉県浦和市(現・さいたま市)に精肉専用の浦和加工センターを開設。
昭和61年10月 埼玉県白岡町に鮮魚専用の白岡生鮮加工センターを開設。
平成元年4月 エステート開発株式会社(現・連結子会社)を設立。
平成元年7月 本店を東京都豊島区東池袋5丁目51番12号に移転。
株式会社メッカ(現・連結子会社)を設立。
平成4年3月 株式会社マーノ(現・連結子会社)を設立。
平成7年6月 定時株主総会決議により決算期を3月31日から2月末日に変更。
平成7年11月 栃木県に進出し、小山市に小山店を開店。
平成8年1月 茨城県に進出し、阿見町に阿見店を開店。
平成13年8月 株式会社すえひろ(現・連結子会社)の第三者割当増資を引受ける。
平成14年1月 株式会社ポロロッカ(現・連結子会社)の株式取得。
平成14年2月 提出会社における現在店舗数191店舗。


[トップページに戻る]