×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
コマツ電子金属

コマツグループ、シリコンウエハーの大手メーカー、半導体ウエハで世界シェア1割。


 
年月
沿革
昭和35年4月 鰹ャ松製作所と叶ホ塚研究所の共同出資により、小松電子金属を設立。(資本金 1億20百万円、本社 東京都千代田区大手町)。
昭和36年6月 神奈川県平塚市四之宮に単結晶工場を新設、生産を開始。
昭和41年5月 本社を東京都港区赤坂へ移転。
昭和42年3月 ポリッシュドウェーハとエピタキシャルウェーハの生産を開始。
昭和48年8月 宮崎県宮崎郡清武町にウェーハ加工工場として、九州小松電子鰍全額出資で設立。
昭和60年1月 本社を神奈川県平塚市四之宮へ移転。
昭和60年10月 長崎県大村市雄ヶ原に長崎工場を竣工。
昭和62年5月 米国に現地販売法人コマツシリコンU.S.A.鰍設立。
平成元年4月 長崎工場でCZ単結晶の生産を開始。
平成2年8月 米国ユニオンカーバイド・アンド・プラスチックス社の多結晶シリコン事業部門を買収し、アドバンスト・シリコン・マテリアルズ(以下、ASiMI社)を設立。
平成3年12月 長崎工場にウェーハ加工工場が完成し、同工場におけるシリコンウェーハ一貫生産体制確立。
平成3年12月 本社平塚工場内にテクニカルセンター完成。
平成5年4月 商号をコマツ電子金属に変更。また、九州小松電子鰍煖繽Bコマツ電子鰍ノ商号変更。
平成5年9月 当社の保有するASiMI社の株式の一部を鰹ャ松製作所等に売却し、当社持株比率は50%となる。
平成7年9月 米国オレゴン州に現地生産子会社コマツシリコンアメリカ鰍設立(間接出資)。
平成7年10月 子会社の九州コマツ電子鰍吸収合併し、当社宮崎工場とする。
平成7年11月 台湾に、Formosa Plastics Groupとの合弁により、現地生産子会社、Formosa Komatsu Silicon Corporationを設立(当社出資比率51%)。
平成8年3月 当社の保有するASiMI社の株式の一部を鰹ャ松製作所に売却し、当社持株比率は30%となる。
平成8年6月 ベルギーに現地販売法人Komatsu Silicon Europe N.V.を設立。
平成8年10月 米国に欧米における持株会社KEM America Inc.を設立。
平成9年6月 宮崎工場に300oウェーハのための開発試作棟竣工。
平成9年7月 コマツシリコンアメリカ鰍ノエピタキシャルウェーハ工場竣工。
平成9年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成10年10月 現地販売法人のコマツシリコンU.S.A.鰍コマツシリコンアメリカ鰍ノ吸収合併。
平成11年2月 本社を東京都港区新橋へ移転(尚、登記上の本店所在地は神奈川県平塚市)。
平成11年3月 Formosa Komatsu Silicon Corporationの単結晶製造、ウェーハ加工工場竣工。
平成11年3月 コマツシリコンアメリカ鰍鰹ャ松製作所に譲渡。
平成12年2月 当社の保有するASiMI社の株式を全て鰹ャ松製作所へ売却。
平成13年9月 子会社のKEM America Inc.を解散。
平成14年6月 登記上の本店所在地を長崎県大村市雄ヶ原へ移転。


[トップページに戻る]