×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
コカ・コーラ ウエストジャパン

コカ・コーラ系の最大ボトラー、北九州コカと山陽コカが合併、三笠コカも完全子会社に


 
年月
沿革
昭和35年12月 飲料の製造・販売を目的とし、資本金5千万円をもって日米飲料株式会社を、福岡市長浜町一丁目5番地に設立
昭和36年7月 本社を福岡市天神町92番地に移転
昭和37年6月 米国ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社と、コカ・コーラ、ファンタの製造・販売に関する契約を締結し、福岡県、佐賀県および長崎県におけるコカ・コーラ、ファンタの製造・販売権を取得
昭和37年7月 販売を開始
昭和38年3月 商号を日米コカ・コーラボトリング株式会社に変更
昭和38年4月 本社を福岡市大字箱崎字葦津ケ浦4127番地の29(現、福岡市東区箱崎七丁目9番66号)に移転
昭和38年5月 福岡工場を開設
昭和42年6月 鳥栖工場を開設
昭和47年9月 米国ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たに日本コカ・コーラ株式会社と再実施許諾契約を締結
昭和48年4月 門司工場を開設
昭和48年7月 商号を北九州コカ・コーラボトリング株式会社に変更
昭和49年8月 基山工場を開設
昭和58年10月 キャピタルフーズ株式会社(現、コカ・コーラウエストジャパンベンディング株式会社)を設立
昭和59年12月 門司工場を廃止
昭和60年1月 福岡工場を廃止
昭和63年1月 基山工場のPET容器成形部門を独立し、基山成形工場を開設
平成3年12月 鳥栖焙煎工場を開設
平成6年6月 福岡証券取引所に株式を上場
平成8年1月 基山成形工場を廃止し、基山工場にPET容器成形部門を統合
平成8年11月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成9年1月 鳥栖焙煎工場を廃止し、鳥栖工場にコーヒー焙煎部門を統合
平成10年6月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
平成11年2月 北九州コカ・コーラセールス株式会社を設立
平成11年6月 北九州コカ・コーラセールス株式会社に営業の一部を譲渡
平成11年7月 山陽コカ・コーラボトリング株式会社と合併し、商号をコカ・コーラウエストジャパン株式会社に変更
大阪証券取引所市場第一部および広島証券取引所に株式を上場
平成13年1月 広島工場を廃止
平成13年4月 三笠コカ・コーラボトリング株式会社の株式を取得
平成14年2月 ウエストジャパンプロダクツ株式会社(現、コカ・コーラウエストジャパンプロダクツ株式会社)を設立
平成14年4月 コカ・コーラウエストジャパンプロダクツ株式会社に営業の一部を譲渡
山陽コカ・コーラセールス株式会社および北九州コカ・コーラセールス株式会社の両社を吸収合併
平成14年7月 ベンディング事業を営む子会社4社を統合し、西日本ビバレッジ株式会社を発足
物流事業を営む子会社2社を統合し、ロジコムジャパン株式会社を発足
自動販売機関連事業を営む子会社2社を統合し、西日本カスタマーサービス株式会社を発足
平成14年10月 日本コカ・コーラ株式会社との前契約を改め、新たに米国ザ コカ・コーラカンパニーおよび日本コカ・コーラ株式会社とボトラー契約を締結
   


[トップページに戻る]