×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
キーコーヒー

レギュラーコーヒーの製造販売大手。JTと共同で、統一製品ブランド名で各種コーヒー製品を展開。喫茶店など業務用が主力だが、家庭用レギュラーコーヒー市場の開拓を強化。


 

大正9年8月、横浜市中区福富町において、故柴田文次がコーヒーの焙煎とコーヒー及び食料品の販売を目的として、コーヒー商「木村商店」を創業したのが当社の起源であります。大正12年9月、関東大震災により福富町の店を失い、横浜市中区吉田町に本店を移転、昭和3年春には店名も「木村コーヒー店」と改め、国内外に支店を広げるとともに、コーヒー農園の経営も手がけました。その後、第2次大戦の戦災を被り、一時営業中止の止むなきにいたることもありましたが、昭和21年には本店機能を東京支店に移し、昭和25年のコーヒー生豆輸入再開以降、本格的なレギュラーコーヒー製造販売会社として再出発いたしました。昭和27年10月に東京都港区芝田村町4丁目8番地の東京支店を本店とし、横浜支店と合わせて「株式会社木村コーヒー店」(当社)を、また昭和28年1月には大阪、京都の2支店を「株式会社大阪木村コーヒー店」として、それぞれ法人組織化いたしました。その後、当社は、昭和63年10月「株式会社大阪木村コーヒー店」を合併し、また、平成元年2月商号を「キーコーヒー株式会社」に変更いたしました。

 
年月
沿革
昭和27年10月 東京都港区芝田村町4丁目8番地に株式会社木村コーヒー店を設立。
昭和29年11月 本店を東京都港区芝田村町19番地(現東京都港区西新橋2丁目34番4号)に移転。
昭和36年12月 日本インスタントコーヒー工業株式会社(現ニック食品工業株式会社)を設立。
昭和39年9月 横浜市港北区に綱島工場完成。
昭和45年8月 名古屋市西区に名古屋工場完成。
昭和46年8月 職域向けコーヒーの市場開拓を図るため、キーコーヒーサービス株式会社を設立。
9月 青森県八戸市に株式会社青森木村コーヒー(現青森キーコーヒー株式会社)を設立。
10月 沖縄県那覇市に株式会社沖縄木村コーヒー(現沖縄キーコーヒー株式会社)を設立。
昭和49年9月 トラジャコーヒー開発事業の日本側投資会社として、スラウェシ興産株式会社を設立。
昭和50年5月 缶コーヒー原料用のレギュラーコーヒーの製造販売開始。
昭和51年4月 インドネシア共和国にトラジャコーヒー開発事業の現地法人P.T.TOARCO JAYAを設立。
11月 福岡市東区に九州工場完成。
昭和53年3月 トアルコトラジャコーヒー製造販売開始。
6月 千葉県船橋市に関東工場完成。綱島工場閉鎖。
10月 損害保険の取扱いを目的として、株式会社キー商会を設立。
昭和57年10月 佐賀県鳥栖市に九州工場完成。九州工場(福岡市東区)閉鎖。
昭和58年4月 ライブパック包装システムを導入し、キーライブパックシリーズとして製造販売開始。
昭和60年12月 関東工場敷地内に研究所を設置。
昭和61年11月 宮城県泉市(現仙台市泉区)に東北工場完成。
昭和63年10月 株式会社大阪木村コーヒー店を吸収合併。
平成元年2月 キーコーヒー株式会社に商号変更。
平成5年11月 愛知県春日井市に中部工場完成。名古屋工場閉鎖。
平成6年1月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
7月 東京都大田区に東京商品センター完成。
11月 横浜市港北区に綱島事務センター完成。
平成7年6月 株式会社イタリアントマトとの共同出資により株式会社アイ・アンド・ケイを設立。
平成8年1月 東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
2月 台湾の現地企業CRESCO INC.との共同出資により台湾キーコーヒー株式会社を設立。
9月 大阪支店新社屋(KCビル)完成。
12月 イタリアのカフェバールタイプのコーヒーショップ(クラッセ ディ ミラノ)を開店し、本格派エスプレッソ・コーヒーの喫茶文化を提案。


[トップページに戻る]