×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
ケーズデンキ

家電量販店大手、茨城はじめ北関東が地盤


 
当社は、昭和30年10月1日に、資本金600千円、商号有限会社加藤電機商会をもって、一般電気器具販売及び電灯工事請負を目的とし、茨城県水戸市に設立されました。その後、昭和46年5月27日に商号を有限会社カトーデンキとし、さらに昭和48年9月29日に株式会社カトーデンキと組織変更いたしました。
株式会社カトーデンキは、昭和55年9月22日に、家電品小売業を営むカトーデンキ販売株式会社と不動産賃貸業を営む株式会社カトーデンキに分離し、昭和60年3月21日に、カトーデンキ販売株式会社に吸収合併されました。従って、カトーデンキ販売株式会社設立以前の沿革については実際に営業を行ってきた株式会社カトーデンキに関するものを記載いたしました。

平成9年11月に商号を株式会社ケーズデンキに変更いたしました。
 
年月
沿革
昭和22年3月 現名誉会長加藤 馨が、茨城県水戸市元台町5丁目の借家にラジオ受信機を主体とする販売・修理業を開始。
昭和30年10月 業務の拡大により、有限会社加藤電機商会を設立。
昭和46年5月 有限会社カトーデンキに商号変更。
昭和47年5月 茨城県水戸市城南2丁目に駅南店を開店。
昭和48年9月 組織変更を行い、株式会社カトーデンキを設立。
昭和50年5月 販売促進を図るために、カラーテレビ・冷蔵庫・エアコンなど7品目について3年保証を開始。
昭和54年7月 商品戦略の一環として、効率の向上を目指した定番制度を導入。
昭和55年9月 家電品小売業を営むカトーデンキ販売株式会社と不動産賃貸業を営む株式会社カトーデンキに分離。
昭和57年11月 将来の発展を考え、パソコン及びワープロ商品の取扱いを開始。
昭和59年9月 物流部門の強化と効率化のために、茨城県水戸市浜田2丁目にサービスセンターを開設し、水戸商圏内の集中配送を開始。
昭和60年3月 株式会社カトーデンキを吸収合併。
昭和61年6月 茨城県水戸市城南2丁目の駅南店及び駅南オーディオセンターを取り壊し、同地に4階建ての建物を新築、駅南本店として開店。又、ソフトの需要増加に対応するため、CDソフト及びLDソフト商品の取扱いを開始。
昭和61年9月 事務の合理化と迅速化を図るために、コンピューターを導入。
昭和62年5月 売上管理、商品力の強化を図るために、全店POSシステムを導入。
昭和63年4月 日本証券業協会東京地区協会に株式店頭登録。
平成2年2月 本部機構の統合を図るために、茨城県水戸市桜川に本部を移転。
平成3年7月 株式会社よつば電機(現株式会社東北ケーズデンキ 現・連結子会社)の発行済株式の80%を取得し、フランチャイズ契約を締結。
平成9年11月 株式会社ケーズデンキに商号変更。
平成11年12月 茨城県水戸市に当社最大の水戸本店を開店。
平成12年7月 茨城県ひたちなか市に携帯電話等を取扱う株式会社モバイルシステムひたちなか(現・連結子会社)を設立。
平成12年11月 群馬県への第1号店舗として、伊勢崎市に伊勢崎本店を開店。
平成13年1月 神奈川県への第1号店舗として、平塚市に湘南平塚本店を開店。
平成13年2月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成14年3月 東京証券取引所市場第一部に昇格。
  (期末現在の店舗数は157店(直営店106店、フランチャイズ店51店)となっております。)
   


[トップページに戻る]