×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
花王

日用品、化粧品メーカー大手、トイレタリー首位。


 
年月
沿革
明治20年6月 洋小間物商長瀬富郎商店として発足。(創業)
明治23年10月 「花王石鹸」を発売。
大正11年11月 吾嬬町工場(現東京工場)完成。
大正14年5月 花王石鹸株式会社長瀬商会設立。
昭和10年3月 大日本油脂株式会社を分離独立。
昭和15年5月 日本有機株式会社を日本橋馬喰町で設立。(会社設立年月)
昭和15年9月 日本有機株式会社酒田工場(現酒田工場)完成。
昭和19年12月 大日本油脂株式会社和歌山工場(現和歌山工場)完成。
昭和21年10月 花王石鹸株式会社長瀬商会株式会社花王と改称。
昭和24年5月 日本有機株式会社花王石鹸株式会社と改称。東京証券取引所の市場第一部に上場。
12月 大日本油脂株式会社株式会社花王が合併し花王油脂株式会社と改称。
昭和29年8月 花王石鹸株式会社花王油脂株式会社を吸収合併。
昭和32年12月 和歌山工場に合成洗剤工場完成。
昭和35年3月 大阪証券取引所の市場第一部に上場。
昭和38年3月 川崎工場完成。
昭和39年9月 タイに Kao Industrial (Thailand) Co.,Ltd.を設立。
12月 Kao (Taiwan) Corporationを設立。
昭和40年4月 和歌山工場内に産業科学研究所(和歌山研究所)完成。
昭和42年8月 東京工場内に東京地区研究所(東京研究所)完成。
昭和45年3月 花王(香港)有限公司を設立。
11月 スペインに Sinor-Kao S.A.を設立。
昭和49年11月 花王クエーカー(株)を設立。
昭和50年3月 メキシコに Quimi-Kao S.A. de C.V.を設立。
12月 栃木工場完成。
昭和52年1月 フィリピンに Pilipinas Kao,Incorporatedを設立。
昭和53年2月 愛媛サニタリープロダクツ(株)を設立。
3月 栃木工場内に栃木研究所完成。
昭和54年5月 スペインに Molins-Kao S.A.を設立。
昭和55年4月 鹿島工場完成。
昭和59年4月 豊橋工場完成。
昭和60年9月 花王化粧品販売会社を全国9ヶ所に設立し、化粧品(ソフィーナ)事業を日本全国に展開。
10月 「花王石鹸株式会社」から「花王株式会社」へ商号変更。
昭和61年5月 カナダの Didak Manufacturing Limitedを買収し、情報関連事業に本格的に進出。
10月 ドイツに Guhl Ikebana GmbHを設立。
昭和62年7月 アメリカの High Point Chemical Corporationを買収。
8月 Sinor-Kao S.A.とMolins-Kao S.A.を合併し、スペインに Kao Corporation S.A.を設立。
昭和63年5月 アメリカの The Andrew Jergens Companyを買収。
7月 Fatty Chemical (Malaysia) Sdn.Bhd.を設立。
平成元年5月 ドイツの Goldwell AG(現 Goldwell GmbH)を買収。
10月 全国9ケ所の化粧品販売会社を統合し、花王化粧品販売(株)を設立。
平成4年10月 ドイツの Chemische Fabrik Chem-Y GmbH(現 Kao Chemicals GmbH)を買収。
平成5年8月 中国に上海花王有限公司を設立。
平成11年3月 情報関連事業から撤退。
8月 欧州工業用製品事業の統轄会社として Kao Chemicals Europe,S.L.を設立。
12月 米州工業用製品事業の統轄会社として Kao Chemicals Americas Corporationを設立し、それに伴い High Point Chemical Corporationを清算。
   


[トップページに戻る]