×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← 戻る
関西スーパーマーケット

食品スーパー中堅、兵庫・大阪が地盤、子会社でホームセンターも展開。


 
年月
沿革
昭和34年7月 大阪市東淀川区において、北野祐次(現当社会長)他9名にてスーパーマーケット開業を目的として相互産業株式会社(資本金2,500千円)を設立。
昭和34年11月 本店所在地を大阪市東淀川区より兵庫県伊丹市に移転。
昭和34年12月 兵庫県伊丹市においてスーパーマーケットの第1号店として伊丹店(現中央店)を開設。
昭和39年10月 上記第1号店隣接地に伊丹ショッピングセンターを開設。
昭和46年4月 兵庫県伊丹市の阪急伊丹駅前市街地再開発事業に参画し、伊丹ショッピングデパートを開設。
昭和46年12月 不動産貸付業の相互開発株式会社を吸収合併。
昭和48年4月 株式会社小僧寿し本部との間にフランチャイズ契約をとりかわし、外食事業の展開に着手。
昭和49年8月 商号を株式会社関西スーパーマーケットに変更。
昭和62年8月 大阪市福島区に所在する大阪中央卸売市場の隣接地において生鮮食品仕入業務用の事務所として「中央市場オフィス」を開設。
昭和63年5月 小僧寿し店23ヵ店を株式会社小僧寿し関西地区本部へ営業譲渡。
平成3年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成4年1月 株式会社スマイル(平成5年5月1日株式会社ビッグパワーに商号変更。現・連結子会社)を設立。
平成4年8月 株式会社関西スーパー物流(現・連結子会社)を設立。
平成13年11月 スーパーマーケット第49号店として河内磐船店を大阪府交野市に開設。

[トップページに戻る]