×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
HOYA[ホーヤ]

光学ガラスメーカー最大手、半導体製造用マスクブランクス、眼鏡部門も柱


 

年月
沿革
昭和16年11月 東京都保谷市(現在西東京市)で東洋光学硝子製造所を創業。
光学ガラス製造に着手。
昭和19年8月 資本金120万円の株式会社に改組、商号を株式会社東洋光学硝子製造所に変更。
昭和20年10月 クリスタルガラス食器製造開始。
昭和22年8月 商号を株式会社保谷クリスタル硝子製造所に変更。
昭和35年11月 東京都昭島市に昭和工場(現 昭島工場)を新設。
保谷光学工業株式会社、山中光学工業株式会社及び保谷光学硝子販売株式会社を吸収合併し、商号を株式会社保谷硝子に変更。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部へ上場。
昭和37年5月 眼鏡レンズ製造開始。
昭和37年10月 名古屋証券取引所市場第二部へ上場。
昭和38年5月 埼玉県入間市に武蔵工場(現 HOYAクリスタル武蔵工場)を新設。
昭和47年12月 ソフトコンタクトレンズ製造開始。
昭和48年2月 東京証券取引所及び名古屋証券取引所の市場第一部へ指定。
昭和49年1月 半導体用マスクサブストレート製造開始。
昭和57年10月 子会社の株式会社保谷電子を吸収合併(現 長坂工場)。
昭和58年1月 東京都八王子市に八王子工場を新設し、半導体用フォトマスク製造開始。
昭和59年8月 新本社ビルを現在地に竣工。
昭和59年10月 子会社の株式会社保谷レンズ及び株式会社保谷クリスタルを吸収合併し、商号をHOYA株式会社に変更。
昭和60年4月 埼玉県児玉郡児玉町に児玉開発研究所(現 HOYAヘルスケア児玉開発研究所)を新設。
昭和62年6月 眼内レンズ(白内障術後用)製造開始。
昭和62年11月 光学ガラスによる非球面モールドレンズ製造開始。
平成元年4月 オランダに欧州地域統括会社HOYA EUROPE B.V.、米国に北米地域統括会社HOYA CORPORATION USAを設立。
平成3年3月 HDD用ガラスディスク(ガラス磁気メモリーディスク)発売。
平成7年9月 中間連結決算発表を開始。
平成8年11月 熊本県菊池郡大津町に熊本工場を新設。
平成9年4月 持株会社型のカンパニー制を導入し、二つのカンパニー(エレクトロオプティクス、ビジョンケア)と三つの事業子会社(HOYA PHOTONICS INC.、HOYAヘルスケア、HOYAクリスタル)へ機構改革。
平成9年5月 シンガポールにエリア持株会社としてHOYA HOLDINGS ASIA PACIFIC PTE. LTD.を設置、4月にオランダ及び米国にそれぞれ設置したHOYA HOLDINGS N.V.(現 HOYA LENS EUROPE N.V.)とHOYA HOLDINGS INC.の2社と合わせ、欧州、北米、アジア各地域のエリア持株会社体制が整う。
平成9年12月 HOYA LENS DEUTSCHLAND GmbH.がHOYAグループ最初のISO14001を取得。
平成10年4月 四半期毎の連結決算発表を開始。
平成11年2月 国内主要全工場でISO14001を取得。
平成11年9月 ベルギーのメガネレンズ製造販売会社BUCHMANN OPTICAL INDUSTRIES N.V.(現 HOYA LENS BELGIUM N.V.)を買収。
平成12年4月 米国の特注メガネレンズ加工販売会社OPTICAL RESOURCES GROUP,INC.を買収(平成13年3月に機構改革によりHOYAの在外支店に組織変更)。
平成12年7月 沖電気工業の半導体用フォトマスク製造部門を譲り受け。
平成13年11月 創立60周年を迎える。


[トップページに戻る]