×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
内田洋行

オフィス家具商社、オフィス家具、教育・文具関連、情報システム関連が3本柱。


 
年月
沿革
明治43年2月 旧満州(現中国)大連市に測量製図器械、事務用品の満鉄御用商翠苔号を創立。
大正6年3月 内田洋行に商号を統一。
大正6年10月 国内で卸を開始。
昭和16年5月 組織整備を行い、東京および大阪に内田洋行を設立し、現在の当社の母体となる。
昭和20年8月 終戦により外地における権益を一切喪失。
昭和21年4月 札幌市に支店を設置。
昭和23年4月 科学教材部を設置。
昭和25年3月 (東京)内田洋行(大阪)内田洋行が合併。
昭和26年6月 福岡市瓦町に福岡支店を設置。
昭和37年9月 電子計算機事業部を設置。ユーザック電子計算機を発表。
昭和38年3月 貿易事業部を設置。
昭和39年1月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第二部に上場。
昭和42年9月 大阪市に大阪第1物流センターを建設。
昭和42年12月 福岡市音羽町に福岡支店を建設、移転。
昭和44年8月 藤沢市に湘南物流センターを建設。
昭和44年12月 東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
昭和46年11月 東京都中央区新川に本社を建設、移転。
昭和47年3月 富士通鰍ニ業務提携。
昭和48年8月 米国にウチダ・オブ・アメリカCorp.を設立。(現連結子会社)
昭和54年3月 日本オフィスメーション鰍設立。(現連結子会社)
昭和54年11月 札幌市に札幌物流センターを建設。
昭和55年10月 東京都中央区京橋に本社を移転。
昭和56年11月 船橋市に京葉第1物流センターを建設。(現連結子会社潟Iリエント・ロジ所有)
昭和58年9月 大阪証券取引所において貸借取引銘柄に選定。
昭和60年7月 現在地に大阪支店(第1期工事)を建設、移転。
昭和62年1月 潟Eチダ・コンピューター・エンジニアリングとウチダサービス鰍ェ合併し、ウチダエスコ鰍ノ商号変更。(現連結子会社)
昭和63年9月 マレーシア国にウチダエムケーSDN.BHD.を設立。(現連結子会社)
平成元年2月 現在地に本社を移転。
平成元年3月 現在地に九州支社を建設、移転。
平成元年4月 潟Eチダコンピュータシステムと潟Eチダオフィスメーションが合併し、ウチダユニコム鰍ノ商号変更。(現連結子会社)
平成2年2月 キャビン工業鰍ノ資本参加。(現連結子会社)
平成2年10月 ウチダ事務機サービス梶A内田設備工業梶A内田ピーエス鰍ェ合併し、潟Eチダテクノサービスに商号変更。(現潟Eチダテクノ、現連結子会社)
平成3年7月 日本金属精工鰍ニ且O和が合併し、潟Tンテックに商号変更。(現連結子会社)
平成3年12月 東京証券取引所において貸借取引銘柄に選定。
平成4年1月 内田興産鰍ニマービー化工鰍ェ合併し、潟}ービーに商号変更。(現連結子会社)
平成4年3月 大阪支店第2期工事完成。
平成4年4月 潟ウエヌエイを設立。(現潟Eチダデータ、現連結子会社)
平成6年6月 犬山市に犬山物流センターを取得。
平成7年3月 エッグヘッドウチダ鰍設立。(現ウチダスペクトラム梶A現連結子会社)
平成7年5月 東京都江東区潮見に事務所を賃借し、本部潮見オフィスを設置。
平成7年6月 ウチダインフォメーションテクノロジー鰍設立。(現連結子会社)
平成7年7月 日本綜合配送鰍ニウチダ総合物流鰍ェ合併し、潟Iリエント・ロジに商号変更。(現連結子会社)
平成8年4月 潟Eチダ人材開発センタを設立。(現連結子会社)
平成9年7月 東海オフィスメーション梶A北陸ユーザック梶A潟Eチダシステムが合併し、潟Iフィスブレインに商号変更。(現連結子会社)
平成10年3月 日本証券業協会にウチダエスコ鰍フ株式を店頭登録。
平成12年3月 湘南物流センターを売却。
平成12年11月 株式交換によりキャビン工業鰍フ全株式を取得。
   


[トップペジに戻る]