×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
沖縄電力

電力会社、沖縄本島と周辺約40島が地盤、電源は石油と石炭火力に依存。


 
年月
沿革
昭和28年3月 沖縄配電創立
昭和29年2月 琉球電力公社設立
昭和43年6月 沖縄電気工事(現 渇ォ電工)設立(現:連結子会社)
昭和46年12月 沖縄電機工業叶ン立(現:連結子会社)
昭和47年5月 沖縄振興開発特別措置法に基づき、琉球電力公社の全ての発送電業務(一部配電)を引き継ぎ、政府及び沖縄県の出資による特殊法人として資本金137億28百万円をもって沖縄電力株式会社設立
昭和47年7月 増資完了(新資本金:147億28百万円)
昭和49年6月 石川発電所1号機(出力125,000kW)営業運転開始
昭和50年10月 沖電産業(現 沖電企業)設立(現:連結子会社)
昭和51年4月 沖縄配電鞄剏ワ配電会社を吸収合併
昭和53年6月 石川発電所2号機(出力125,000kW)営業運転開始
昭和56年5月 牧港火力発電所9号機(出力125,000kW)営業運転開始
昭和56年6月 沖縄プラント工業叶ン立(現:連結子会社)
昭和62年8月 資本金を73億64百万円に減少
昭和63年10月 沖縄振興開発特別措置法に基づく特殊法人から民営の会社となる
平成元年4月 沖電不動産管理(現 沖電開発)設立(現:連結子会社)
平成3年4月 沖電情報サービス(現:沖電グローバルシステムズ)設立(現:連結子会社)
平成3年4月 沖縄電気工事(現 渇ォ電工) 岡電気工事鞄剋l社と合併
平成3年6月 沖縄電気工事 社名を「株式会社 沖電工」に変更
平成4年2月 株式を東京証券取引所市場第2部及び福岡証券取引所に上場
平成6年3月 具志川火力発電所1号機(出力156,000kW)営業運転開始
平成6年5月 沖電設計叶ン立(現:連結子会社)
平成6年11月 潟Aステル沖縄設立(現:連結子会社)
平成7年3月 具志川火力発電所2号機(出力156,000kW)営業運転開始
平成7年11月 株式分割(無償交付)を実施 1株につき1.01株の割合
平成8年10月 沖縄新エネ開発叶ン立(現:連結子会社)
平成8年10月 沖縄通信ネットワーク叶ン立(現:連結子会社)
平成11年5月 株式分割(無償交付)を実施 1株につき1.02株の割合
平成14年2月 金武火力発電所1号機(出力220,000kW)営業運転開始
平成14年3月 東京証券取引所の市場第1部銘柄に指定
   


[トップページに戻る]