×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
いなげや

食品スーパー中堅、三多摩地区中心の食品スーパー、イオンが筆頭株主に


 
年月
沿革
昭和23年 5月個人商店稲毛屋(明治33年創業)の暖簾を継承して、生鮮魚介類を主たる販売品目とした食料品販売業株式会社稲毛屋(立川市曙町2-2-27)に改組。
昭和31年 12月立川店を改装して、セルフサービス販売方式を採用した東京都下では最初のスーパーマーケットを開設。
昭和34年 7月多摩平店を開設し、スーパーマーケットチェーンの展開を開始。
昭和38年 3月株式会社三雅(現株式会社サビアコーポレーション)を設立。
昭和41年 9月株式会社稲毛屋田無店を吸収合併。
昭和44年 6月多摩平店を営業譲渡。
12月本部を東大和市南街5-3-1に移転。
昭和47年 1月稲毛屋ビル建築のため立川店を閉鎖、11月同ビルが完成し貸店舗とする。
昭和48年 2月生鮮食品の加工ならびにパック処理、一般食料品・雑貨の配送合理化を図るため、流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2-82-1)を開設。
昭和49年 10月第1流通センター(現武蔵村山残堀店、武蔵村山市残堀2-9-1)を開設し、一般食料品および雑貨の物流部門を移転。
昭和50年 6月ファーストフード及び惣菜を主たる販売品目として稲毛屋食品株式会社(現株式会社クックサン)を設立。
昭和51年 10月商品取扱量の増大にともない、保管および配送合理化を図るため、第1流通センターを移転(現立川青果センター、立川市泉町935)。
12月商品鮮度を保証するオープンデイティング・システム(鮮度保証制度)を日本で最初に採用。
昭和53年 10月東京証券取引所市場第二部に株式上場。
12月第3流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2-81-1)を開設し、精肉部門を移転。100店舗チェーンへの供給体制確立。
昭和56年 5月生鮮食品の仕分け保管センターとして第4流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2-82-1)を開設。
昭和57年 4月店舗施設の保安警備及び設備の保守管理を目的として東京セキュリティサービス株式会社(現株式会社トス)を設立。
昭和59年 9月東京証券取引所市場第一部に指定、また当社社名を稲毛屋からいなげやに変更。
昭和60年 10月本社・本部を立川市栄町6-1-1に移転。
昭和61年 11月当社初のSSM(スーパー・スーパーマーケット)である毛呂店を開設。
経営の効率化を図るため、POSシステムの実験開始。
7月書籍等の販売を目的として株式会社よむよむを設立。
9月食品製造会社として株式会社サンフードジャパンを設立。
昭和63年 11月100店舗達成。
平成2年 6月POSシステム全店導入。9月ドラッグストアの運営を目的として株式会社ウェルパークを設立。
平成4年 11月当社初のSC(ショッピングセンター)であるサビア飯能店を開設。
平成6年 9月インストアベーカリー(ボンマタン)の増加にともない、原材料から販売に至る製造販売一体のシステム構築を図るため、セントラル工場を武蔵村山センター内に開設。
平成7年 4月千葉センター(野田市三ケ尾字平井256-1)の開設、9月立川ドライセンター(立川市泉町935)を開設し、その業務を外部に委託。
11月旧第1流通センターを立川青果センター(立川市泉町935)として開設。
平成9年 9月商品情報システム構築のためPOSシステム全店入替。
平成10年 11月立川青果センター(立川市泉町935)の運営業務を外部に委託。
平成11年 11月将来の店舗数の増加に備えるとともに青果物のコールドチェーンを確立するため、従来の千葉センターを移設し、新たに青果センター機能を付加した新千葉センター(千葉県船橋市豊富町631―7)を開設。
平成12年 5月創業100周年を迎える。
平成13年 長期経営計画 クオリティ・ワン・プラン第1期(優良な事業基盤の確立)始まる。
   


[トップページに戻る]