×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

← トップページに戻る
 
足利銀行

地方銀行、北関東地盤、栃木県内融資・預金シェア四割。平成15年11月一時国有化。


年月
沿革
明治28年10月1日 繊維業者をはじめ商工業者が発起人となって、椛ォ利銀行設立
30年 桐生に第1号支店開設
大正3年 東京支店開設
9年 昭和13年までに栃木・埼玉両県下の17行を合併または吸収する
昭和19年 栃木県内1行体制となる
27年 栃木県庁内に県庁内支店開設
40年 東京証券取引所第一部上場
42年 本店を足利市から宇都宮市へ移転
46年 オンラインスタート
60年 創業90周年を迎え「企業理念」の制定、CIの導入を行う
63年 電算センター完成
平成元年 長期ビジョン策定
2年 新オンラインシステム“アーチ21”スタート
7年 創業100周年を迎える
10年 新中期経営計画「チャレンジ21」スタート
11年 「経営の健全化のための計画」策定
15年3月 経営体制の改革のため、グループの銀行持株会社・株式会社あしぎんフィナンシャルグループを設立。
11月29日 預金保険法102条1項3号の措置を受け、特別危機管理開始決定を受けたことで、同行株が預金保険機構へ強制的に取得、一時国有化される。
12月25日

株式会社あしぎんフィナンシャルグループが東京地裁へ会社更生法の適用を申請、負債16億円。

 

 


[トップページに戻る]